ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 8460
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

モラハラを理由に妻の弁護士から離婚協議要求が来ています。モラハラ内容は夫婦喧嘩の会話の一部を切り取り暴言夫に仕立てるよう

ユーザー評価:

モラハラを理由に妻の弁護士から離婚協議要求が来ています。モラハラ内容は夫婦喧嘩の会話の一部を切り取り暴言夫に仕立てるような内容がメインです。証拠の有無は今のところありません。モラハラは妻本人の発言だけで成立するものなのでしょうか。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。行政書士のSUPERTONTONでございます。

モラハラやDVや痴漢などの女性側が被害者になり易い案件は、女性に非常に有利に扱われます。

また、加害者本人の意思にかかわらず、被害者が、モラハラと感じれば、モラハラと認められる部分もあります。

それだけ、センシティブな問題とも言えます。

客観的に、たいしたことないことでも、被害者が精神的に傷つけば、そう認められる可能性があると言う事です。

そう言う意味では、当事者に信頼関係が無くなった状況とも言えます。

モラハラは、DVよりも当然、微妙な問題であり、本来は、心療内科に通うほどの精神的な苦痛で無いと慰謝料請求等は認められない場合もあります。

そういうつもりで発言した意図は無いと主張し続けることです。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12431;かりました。慰謝料の相場はどのくらいでしょうか。結構生活は30年です。

慰謝料に相場は、ありませんので、相手がいくら要求するかです。高額とお考えであれば、減額要求をされて構いません。出来るだけ金銭的に有利に離婚しようと言う作戦でしょう。その方が、弁護士の先生も報酬が増えるからでしょう。もちろん、奥様の方のマイナス面も指摘して、減額をされても構いません。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問