JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 6880
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

財産分与 正当な分与額を算出したいです。 宮城県仙台市太白区あすと長町4-2-38-210,

ユーザー評価:

財産分与 正当な分与額を算出したいです。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 宮城県仙台市太白区あすと長町4-2-38-210
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 返信が遅くなり申し訳ありません。 特にはありません

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは、大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから分かる範囲でご回答致します。

まず、離婚における財産分与だと思いますので、それ以外にも、お子様がいれば、養育費や面会交流、相手に有責性があれば慰謝料、年金がからめば年金分割も決めないといけませんが、財産分与だけお答えします。

財産分与は、婚姻期間中に形成された財産を折半することで、名義がどちらでも、収入の多さ等関係なく、折半です。専業主婦であっても、財産の形成に貢献していると言うことで、折半です。預貯金などは、そのまま、どちらの名義でも半分です。退職金も定年が近ければ、もしくは、養老保険などで満期金が入る場合は、現時点で仮に、退職や解約したらどうなるかで計算して、現金で支払うと言うこともあります。

難しいのは、ローン付き不動産で、これも、どちらのものにするにしても、ローンの半分は支払ったと言うことで請求が可能です。ローン残高が少なかったり、完遂していたら、売却したら売却益の折半となります。

いずれにしても、離婚協議書で、出来れば公正証書にしてきちんと決めることです。離婚は、民事なので、双方が合意すれば、必ずしも、折半で無くとも構いません。もめる場合は、家庭裁判所の離婚調停を申し立てます。頑張って下さい。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。アドバイスが、少しでもお役に立ちましたら、評価をしていただけると助かります。星印のところです。お手数ですが、ご対応お願い致します。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問