JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 686
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

子供のいる娘の再婚話で相手方の親が子供の養子縁組に反対しています。これを受け入れて不利となることについて教えて下さい。

ユーザー評価:

子供のいる娘の再婚話で相手方の親が子供の養子縁組に反対しています。これを受け入れて不利となることについて教えて下さい。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都世田谷区に住んでいます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 取りあえずこのことだけを伺えれば結構です。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

二つ考えられます。一つ目は扶養義務です。養子縁組しなければ、子の親権者ははあなたの娘さんだけになり、新しい旦那さんには法的に連れ子の扶養義務を負いません。

もう一つは相続の問題です。養子縁組すると、その子は一人まで実子同様の相続権が得られます。もし二人の間に子ができた場、連れ子にも法定相続分をもらえる権利が発生します。

また相手の親御さんは、結婚がうまくいかなかったときのことを考えておられるのかもしれません。しかし普通養子縁組は「解消」することができます。

養子縁組には利点があります。「実子同様」なのですから、老いた時や病気の時には子は養親の面倒を看る義務があります(相互扶助)。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
26126;確な回答をありがとうございます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問