JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 686
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

同棲解消時におけるペットの所有権について専門家の意見を伺いたく思います。

ユーザー評価:

同棲解消時におけるペットの所有権について専門家の意見を伺いたく思います。
適切なカテゴリが存在しないため「戸籍・離婚・家族親子関係」にて質問させていただきます。3年程前に私名義のクレジットカードで犬を購入し、同棲する彼女と一緒に育ててきました。
この度彼女側より、同棲を解消の上、犬を引き取りたいと伝えられましたが、私も同意見のため話が平行線になっています。彼女側の意見としては「収入が安定しないあなたに育てていけるとは思えない」「お金を返すまでは犬は絶対に渡さない」とのことでした。
私が自営業で収入が安定しないこともあり、彼女にお金の面で助けられていたことも多々ありました。私の認識としては、彼女からの金銭的な援助と犬の所有権は別の問題であって、
購入代金の決済を行った私に所有権があると考えているのですが、法的にはどのように判断すべきでしょうか。・犬を購入したのは私名義のクレジットカード
・犬のペット保険も私名義で契約
・犬を彼女に譲渡した経緯はない
・市役所等へ犬の登録は行っていない
・犬の飼育費用は折半していた
(私が金銭的に苦しいときは彼女が出してくれていました)
・彼女から借りたお金で私のカードの支払いを行ったこともありましたが、犬の購入費の請求と重なるかは不明こういったケースでは所有権はどちらにあると考えられるか、アドバイスをいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

買ったときのクレジットカードはあなた名義とはいえ、彼女に援助してもらった。

それはもとより、あなたたちは生活のために「財布」を一つにして生活してきたようです。

もはや同棲の枠を超え、内縁関係と言えるのではないでしょうか。

そうすると一緒に住んでいた期間中に購入したものは、共有財産ということになります。

別離する際は、財産分与をしなければなりませんが、犬は物とはいえ、二つに分けることはできません。

話し合う必要があるのですが、それがまとまらないわけですよね。

こうなったら家庭裁判所の調停を利用してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;返信をいただきありがとうございます。
同棲の枠を超え「内縁関係」と言えるとのことで、いくつか質問させてください。同棲期間としては3年程度になります。個人の支払いについては基本的に各々行っており、
お金が足りなくなるような状況では彼女に借りて支払うことがありました。(逆のケースもあります)
このようなお金の貸し借りが頻繁にある場合に「財布を一つにしていた」と考えられるのでしょうか。また結婚の意思という点で、彼女に結婚したい意思はあったようなのですが、
私から特にその旨を伝えておらず、彼女側もその点を理由に同棲解消を決めたと話していました。過去、双方の親に「結婚を前提に…」などの挨拶を行ったこともありません。上記のケースでも「カップルの同棲」ではなく「内縁関係」と判断されるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
65310;また結婚の意思という点で、彼女に結婚したい意思はあったようなのですが、
>私から特にその旨を伝えておらず、彼女側もその点を理由に同棲解消を決めたと話していました。すみません。少し分かりにくい表現でした。
単純に、結婚の約束などはしていないという意味合いです。

ご返信いただき、ありがとうございます。

双方が「同棲」と考え、支払い等を個別におこなってきたとするなら、内縁関係ではないでしょう。

であるとクレジットカードのでの購入者の所有物となる可能性が高いです

決済時に借りたお金は返したということなら、問題ないです。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12372;返信ありがとうございます。
最後にひとつだけ質問をさせてください。>決済時に借りたお金は返したということなら、問題ないです。
借りたお金のうち返したものと返していないものがあります。
「借りたお金を返していないなら問題」とも取れるので、法的にどのような問題があるのか伺いたいです。
借入時に犬を担保に入れるなどは勿論しておりませんので、彼女からの借入金の件と犬の所有権の件は切り分けて考える必要があるものと認識しておりました。法的な観点からこの解釈は誤っているのでしょうか。

ご返信いただき、ありがとうございます。

代金を払わず、そもそも代理決済をするつもりであったらら、所有権を主張するのは難しいという意味です。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
29702;解しました。
ありがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問