JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 658
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

様々な理由があり元夫に不満を持ってて、ずっと色々な元夫の督促状には振れずにいましたが、今回明らかに借金の類いの封書が親展

ユーザー評価:

様々な理由があり元夫に不満を持ってて、ずっと色々な元夫の督促状には振れずにいましたが、今回明らかに借金の類いの封書が親展で届き、本人以外開けてはいけないと分かっていながら、確認したくて、離婚の決めても欲しくて封書を開け、借金を目にし、それを理由に離婚に至ったのですが、封書を開けたことに根を持たれ、何かあれば「訴える」と言って来ます。実際、訴えられた場合の罪はどの程度でしょうか?

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

借金をしたのは夫ということですが、利用目的が家計のためであれば夫婦共有の負債となります。

そのリスクを確認したいということから封書を開けたのであれば、本人親展でも何も問題になりません。

夫婦には家庭維持に一致協力する義務があります。勝手に借金をしたのであれば、ご主人に非があります。

ですので「夫婦に来た」親展の封書を開封したからと言って、何の罪に当たりません。ご安心ください。

また夫婦相盗として警察も捜査しません。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 ヶ月 前.
21161;かりました。有り難うございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問