JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 5486
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今年1月、不倫関係になる方との子供を出産いたしました。 産まれる前に、行政書士に依頼し、誓約書を作成いたしました。

質問者の質問

今年1月、不倫関係になる方との子供を出産いたしました。
産まれる前に、行政書士に依頼し、誓約書を作成いたしました。内容的には、認知をしない条件で、毎月、養育費、生活費を子供が成人なるまで25万支払い義務。
但し、私に、結婚などあった場合は、養育費5万になる。守れなかったら強制認知請求をするとゆう誓約書を作成し、サイン、印鑑も押されてます。ですが先月いきなり連絡があり、相手側の奥様に全てバレ、もう払えないと突然言われてしまい
ました。とりあえず養育費5万万にしてくれと。それから連絡がとれず、先日弁護士から連絡があり、相手側の条件は、
奥様からの慰謝料請求しない代わりに、毎月養育費5万。ただし認知申し立てはしない約束。
と言われました。相手家族には、子供が5人いるので、彼の年収からしたら5万はいい方だと言われました。
ちなみに彼は自営業なので、もしお前が認知したら俺は離婚されるし、養育費も一銭も払わないからなと言われてしまいました。
きっと自営業だと色々、収入をごまかせるのだと思います。私も、今働けないし、貯金も少ないので、今の状況で慰謝料は厳しいのが現実です…認知はしずに合意しようかと悩んでますが、保証が欲しく、もし、父が亡くなった場合、成人までの支払い義務を約束する方法などはあるのでしょうか?
奥様の合意をもらい、公正証書などに残しても法的効力はあるのでしょうか⁇または、一度認知しませんと合意したら強制認知もできなくなりますか⁇ご回答よろしくお願いします。
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 6 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、認知請求権を放棄することは、公序良俗違反等で認められません。確かに、個人的に特約を結んだりはあり得るかもしれませんが、そもそも、認知請求権は、お子様自身のものですから、、弱者の立場からの放棄はあり得ません。仮に、今約束して、ご相談者様が、生活が出来るようになってから、認知請求と言うのはありますが、不倫関係と言うのは、事実のようですので、奥様からの慰謝料請求はあり得ます。とは言え、一番悪いのは、相手の男性ですので、その男性も奥様から慰謝料請求はあり得ますし、そちらの方が、愛人よりも高くなります。また、強制認知(裁判認知)をすれば、今は、DNA鑑定で、100%近く認められます。そうなると、養育費をもらう権利が出来、さらに、相続権もあるので、相続トラブルなどになる可能性もあります。養育費のを月5万円としても年間60万円で20年間で1千万円以上です。また、相続権もあります。とりあえず、もめそうであれば、家庭裁判所の調停を申し立てると主張されると良いでしょう。ばれなければ、25万円支払える予定だったので、もう少し要求されても良いかもしれません。父親が、亡くなった場合の、養育費の請求は出来ません。心配であれば、一括でもらうことも可能です。

質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
12372;回答ありがとうございます。もし、今回の弁護士通しての依頼で認知をしませんと合意したとしても、認知請求はいずれできたりするのでしょうか⁇父親が亡くなった時の、養育費の保証があれば認知しなくても、合意も考えたのですが、認知がされてないと不可能なのでしょうか⁇相手側弁護士いわく、貴方が彼と交わした誓約書は、おそらくあまり効力はないと思われますと言われました。元の交わした25万を請求できる事もありえるのでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 6 ヶ月 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。追加のお話で分かる範囲でご回答致します。認知請求は、放棄は出来ませんし、ご相談者様がしなくても将来的にお子様がすることも出来ます。養育費は、実の父親が離婚しても支払わないことがあるので、認知してもらって公正証書にしておく方が安全と言えます。公正証書にすると未払いの場合、すぐに強制執行が可能です。誓約書に関しては、認知の放棄が効力が無いと言う意味合いが強いでしょう。確かにそれを理由に25万円と言うのも養育費の算定表からみて高額であれば、減額の可能性があると言うことです。相手の奥様が、請求出来る慰謝料は、数百万円ですから、養育費の差額の方が大きいと思います。相続権に関しては、生前の遺留分放棄が出来るので、それで対応するとしても良いでしょう。とにかく、交渉次第とも言えますので、あまりにもせこいようなら家庭裁判所の調停を申し立てると主張されても良いでしょう。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問