JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 552
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

既婚者と不倫関係にあった独身女性です。不貞行為の時効についてお伺いしたいと思います。

ユーザー評価:

既婚者と不倫関係にあった独身女性です。不貞行為の時効についてお伺いしたいと思います。
2017/2/15までに奥様と離婚しなかったら手切れ金として100万円支払うという停止条件付贈与契約書を締結しました。ただ、これは男性の意思を確認するために作成したもので、法的にはもしかしたら、公序良俗に反するかもしれません。お金は欲しくなかったので、後日預かっていた金銭は返しました。
しかし、この贈与契約書が奥様にみつかり、2017/1月に不貞行為及び私の名前と住所を知られました。奥様とラインでお話をして、慰謝料請求は私にしません。というお言葉を頂きましたが、後日これを覆した奥様からの慰謝料請求を、請求しませんとおっしゃったことを理由として退けられる可能性はありますか?
また、知ってから3年経てば時効になりますが、その後例えばこちら側に子供がいたり、慰謝料請求の増額となりそうな事由があったとしても、3年間請求されなければ、私個人としては今後は請求されませんか?

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

今年1月に知られたということですから、不法行為・損害賠償請求の消滅時効は3年ですから、1月から時効が始まっています。

再請求を受けた場合は、時効期間はリセットされますが、3年間請求がなければ、消滅時効を援用できます。

子供いたなど新たな事実が判明した場合など新たな事実が知れ増額請求された場合は、そこから時効が始まります。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問