JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 1355
経験:  dasdasd
84237273
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

問題行動のある高齢(83歳)の実父について、ご相談させていただきたく、こちらを利用しました。

ユーザー評価:

問題行動のある高齢(83歳)の実父について、ご相談させていただきたく、こちらを利用しました。
まず希望する結論としては、生活のサポートなどは公的サービスに任せ、可能な限り接触を絶ちたいと思っております。
法的に最低限保たなければならない関係性を、はっきりと把握したいと考えました。詳細は以下になります。
コーラスグループを主宰する高齢の実父が、その運営費として複数の人からお金を集め、それを個人的な飲食に使ったため運営費が足りなくなり、約束した支払い約20万円分を未払いのまま、いわゆる踏み倒しを行っていたことがわかりました。
現在も、また今後も同様の集金をして、個人的に使うことを明言しています。
また飲酒癖がひどく、酩酊状態のまま、児童の交通誘導の仕事をしていたとも話しました。(この仕事は辞めさせました)お金を出した方にはどのように使われているかは知らされておらず、また支払いを踏み倒された方にも自分で一応の話をつけたようで、これまでは訴えなどを起こされてはいませんが、過剰飲酒で救急搬送された病院のソーシャルワーカーに、今後についてきちんと専門家のご意見をいただいた方がいいというアドバイスを受けました。彼のお金とお酒に関する問題行動は最近起きたことではなく、数十年に及び、不正によって仕事を失うこともありました。
その全てをここに書くのはあまりに長尺かと思いましたので、直近の問題についてのみ書かせていただいております。こういったことから、下記について、お尋ねいたします。・問題行動が見られる高齢の父と、できるだけ接触を断ちたい。違法にならない最低限の関与はどこまでか。
またそれを実行するための手順はどのようなものか。・父が詐欺等で訴えられた場合、子供が管理責任を問われたり、何らかの賠償を被ることがあるか。
もし可能性があるなら、子供が事前に自己防衛策を講じるための制度や、その相談窓口はどこになるか。・自分が連帯保証人になっているかどうかを知るにはどうしたらいいか。以上について、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

1点目ですが,法律上の親子関係はきれないわけですが,事実上の面倒をみるなどの関係,これについては,全く断っていたとしても,そういう親子関係もあり得ますので,これで違法になるわけではありません。連絡をとらなくなったとして,そこに特に手順は必要ありません。

親子間では,扶養義務,というのはありますが,それを守っていないから違法だ,それで訴えられる,ということは,実務的にはまずありません。いろいろな事情から,扶養できない,ということはありえますから,これを無理強いして法的に強制されるということまではまずありません。

2点目は,父にどういうことがあっても,子どもは関係ありません。管理責任を問われるのは,変な言い方になるかもしれませんが,実際に引き取って面倒をみていたが,管理を怠ったときに父が外出し,そこでなにかやらかしてしまった,その時に管理責任を問われるか,というような問題でして(認知症の方がJRの線路に入ってしまった事件は報道などでご存じでしょうか),例えば施設に預けてしまえば,後は施設の管理下ですので,子が責任,ということはないですね。

3点目の連帯保証人は,本来,保証人が自分で署名押印した書面がなければなりません。勝手に保証人の名前が書いてあっても,偽造ですし,法的な効果はありません。

仮に,父が勝手に連帯保証人にしてしまっているとして,これを知る法的な方法は,残念ながらありません。個人間の貸し借りには登録期間などがないですから,父に確認するか,貸している相手の人に借用証を確認させてもらうか,という,ある意味では普通に確認するしか方法がありません。

なお,仮に,サラ金などからの借入もあるような場合,連帯保証人となっているかどうかは,連帯保証人自身が,自分の債務状況の情報として,JICC,CICというところから信用情報を取り寄せることができます。これには,債務状況が載っていますので,この関係では調べることは可能です。それぞれ,1000円ずつの手数料はかかりますが。

khyh1709をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
22823;変迅速に、明確なお答えをいただき、感謝いたします。なぜ連帯保証人を気にしていたかと言いますと、私は実家と同じ漢字で読み方だけが違う家に嫁ぎ、(田部(たなべ)から田部(たべ)へ)父は自分のハンコを私のものとして使うことができるためです。また過去には私の住所を自分のものとして利用していたことがあり、保険業務をしていた頃には、他人の名前で書類を作ることもしていたので、気になった次第です。いずれにせよ、なんとなく周辺から入ってくる知識ではなく、専門家の方の、根拠あるご意見をいただけて安心しました。
これで自信を持って、自分と家族の生活を守る行動をとれます。本当にありがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問