JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 5181
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今年六月に協議離婚した娘の子供の親権について、お尋ねします。現在親権は、父親にあります。 当初子供のことは二人で協力

ユーザー評価:

今年六月に協議離婚した娘の子供の親権について、お尋ねします。現在親権は、父親にあります。 当初子供のことは二人で協力して育てていこうということで、娘がアパートで子供と住み時々父親の家と行き来する暮らしをしていましたが、そのうち父親が復縁をせまるようになり、娘には子供を渡さないということで10日ほど前、幼児誘拐ということで警察に申し出、娘と子供を連行されま した。
そして子供を父親に奪われました。弁護士さんのほうから子供を預かっておくようにいわれたとうりにしていた。それでも誘拐とゆうことになるのでしょうか?                             12月4日初めての調停の日ですがそれまでは、娘は子供に会う権利はないのでしょうか?
なお離婚の原因は、夫の暴力、収入をあかさない(自営)そのために、娘が夜の仕事に出たため不貞
ー元夫が相手側から200万円の慰謝料をとりました。 孫は3歳女児です
ご回答をよろしくお願いします。

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、娘様のことで大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、既に協議離婚をされていますが、離婚当時に、離婚条件を決めた離婚協議書を

私文書や公正証書にはされて無かったと言うことでしょうか?

口約束でも面会交流等は可能ですが、いざとなると証拠が必要になります。

とは言え、幼児誘拐と言う対応は、穏やかではないですね。

警察の方は、どのような対応をされたのでしょうか?

多分事情を聞いて、逮捕などはされていないのではないでしょうか。

実の親子ですから、会うことに対して何ら問題はないと思います。

仮に、不貞行為があったとしても、親権等が取れない訳ではありません。

本来は、調停離婚であれば、小さなお子様は、9割方は母親側に親権が行くのですが

対応を誤ったのかもしれません。

今回の調停は、親権変更の調停でしょうか?

親権変更はやはり難しく、何か決め手が無いといけません。

お話からは、離婚理由が、DVもあるようですから、そのことを強調して

子供にも悪影響があるはずだと主張されるべきでしょう。

離婚して、間もないので、警察に被害届を出したり

女性センター等に、ご相談をされると良いでしょう。

それと、調停になりますから、やはり、目立った動きをして、感情的な見境がない

母親と思われないようにした方が良いでしょう。

調停委員は、感情的な対応を嫌います。

せめて、内容証明等で、面会交流をきちんと決めて、公正証書にして欲しいと

告げると良いでしょう。

まだ、財産分与等の時効ではないので、離婚協議書を改めて作成しても良いでしょう。

仮に、復縁の迫り方が、執拗な場合は、つきまといとしてストーカー規制法で

対応することも可能です。

それと、調停に向けて、今回のことで、親権を変更することがどれだけお子様のために

なるかを主張した陳述書を作成して、調停委員にお渡しすると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

離婚協議書や陳述書等は弁護士にお願いすれば作成していただけるでしょうか?


わかりやすい回答ありがとうございました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

離婚協議書や陳述書等は弁護士にお願いすれば作成していただけるでしょうか?


わかりやすい回答ありがとうございました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

離婚協議書や陳述書等は弁護士さんにお願いすれば作成していただけるでしょうか?

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

離婚協議書に関しては弁護士の先生以外に、行政書士や司法書士の先生でも

可能です。

比較的、行政書士の先生がお安いですし、専門にされている方も多いです。

陳述書は、家庭裁判所に提出するもので、本来は、本人が書くものですが

弁護士の先生にお願いされても良いでしょう。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問