JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかいに今すぐ質問する
Dr わかい
Dr わかい, 眼科医
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 7321
経験:  dasdasd
107621047
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr わかいがオンラインで質問受付中

60歳の母の代理でお伺いします。

ユーザー評価:

60歳の母の代理でお伺いします。去年7月、白内障で多焦点レンズを入れました。二ヶ月後、黄斑浮腫の為、眼球に注射をし、水はひいたが腫れがあるとの事で再度注射。それでも視力の回復がなく、網膜前膜除去の手術、硝子体手術を2/5に実施。その後、視野が狭くなったり、歪みが生じます。2/26にもう片方の眼の手術予定なのですが、両目とも視野が狭くなったり歪みが生じると、生活に支障が出るため、どうすればいいでしょうか。
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 61歳、女性、服用中の薬はありません。
JA: ありがとうございます。上記の他に、眼科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません。

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

状態確認のため、下記について教えてください。

黄斑前幕は白内障手術前から指摘されていたでしょうか?

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
25163;術後です。注射しても腫れがおさまらなかったからです。

ご記載ありがとうございます。

術前の両眼の視力がお分かりになれば、教えてください。

また、糖尿病などお体の病気はあるでしょうか?

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
30333;内障前は0.02、手術後は一時的に1.2、その後0.4になり二回注射。それから硝子体手術をしました。

白内障手術後に嚢胞様黄斑浮腫を発生する事例では、糖尿病を持つ方が多く、術前の視力の低さも危険因子として挙げられています。このようなリスクがあれば、他方の眼においても手術における有害事象出現の危険性は高くなる可能性があります。

今回の術後に嚢胞様黄斑浮腫が発生した理由についてかかりつけ医から説明があったと思いますが、その説明と上記リスクを踏まえたうえで、実施については検討いただいたほうがよろしいと思います。

ご不明、心配の点がありましたら、ご記載をお願いいたします。

Dr わかいをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。

ご不明な点等ございましたら、またご質問相談ください。

お大事になさってください。

眼科 についての関連する質問