JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 眼科
満足したユーザー: 4335
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 眼科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

鼻涙管閉塞のため、涙管チューブ挿入の手術を受けることになりました。 アシスタント:

ユーザー評価:

鼻涙管閉塞のため、涙管チューブ挿入の手術を受けることになりました。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 鼻涙管閉塞のため涙管チューブ挿入の手術を受けることになりました。原因は数ヶ月前に副鼻腔炎になったことが考えられると先生はおっしゃっていました。私の趣味はスイミングなのですが、このような病気になったら、スイミングはやめるべきか悩んでいます。同じスイミングをやっている人で、涙囊炎になり鼻の奥の骨を削る手術もやった、と聞き、やはりスイミングをこのまま続けたら涙囊炎は再発して、また鼻涙管閉塞となり、彼女のように手術をする羽目になるのかと心配です。眼科の先生は涙管チューブを挿入する処置をしたとしても、4割は再発するリスクがある、とおっしゃいます。鼻涙管閉塞とスイミングの関連性はあるのでしょうか?スイミングはやめたほうがいいのでしょうか?

京都大学の調査ではスイミングをする人は鼻涙管閉塞のリスクが5倍あるという報告があります。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/aos.12273/full

Dr_GATOをはじめその他名の眼科カテゴリの専門家が質問受付中

眼科 についての関連する質問