ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60960000に今すぐ質問する
dai60960000
dai60960000, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 3432
経験:  所長
64397026
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dai60960000がオンラインで質問受付中

セカンドオピニオンとしてお聞きします。既に売買契約を終えた不動産取引を破棄しようと思っています。その場合、仲介手数料は満

ユーザー評価:

セカンドオピニオンとしてお聞きします。既に売買契約を終えた不動産取引を破棄しようと思っています。その場合、仲介手数料は満額支払う必要があるのでしょうか。

ご返信いただき、ありがとうございます。

実際の事情がよく分かりませんが、「売買契約を破棄する」ということは契約を白紙にすることになりますので、仲介手数料(専属や専任を依頼している場合は除く)は支払う必要はないと考えます

質問者: 返答済み 16 日 前.
20808;月8/31に不動産投資目的で購入しようとした新築アパートの売買契約を結びました。9月末までに融資を得て、支払予定です。家庭の事情により、この契約を破棄したいのですが、行政書士さんには既に関わって頂いており、そちらの契約も結んでおりますが、契約書に破棄に関する条項というか、どの時点でのサービスに対する支払いなのかがわからないため、こちらにおうかがいした次第です。売買契約が済んだ時点で発生するのか、引き渡しが済んだらとか、そのようなことで決まるのかが知りたいと思いました。よろしくお願いいたします。

ご返信いただき、ありがとうございます。

基本的に売買契約が成立した時に、支払い義務が発生します。融資を受けられるのが9月末ということなので、もしかしたら契約書に停止条件が付いているのかもしれませんが、すでにクーリングオフ期間も過ぎていることから、支払い義務ははすでに発生していることになります。また一方的に契約を破棄することはできないはずです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
19968;方的に破棄ができないというのはどういうことかもう少し説明をお願いいたします。

ご返信いただき、ありがとうございます。

契約が成立するということは、双方が合意に至ったから成立しているのです。その合意によって相手側は手続きに着手しています。民法において、契約をかわすと原則として当事者は契約書の内容に拘束されます。たとえば、製品を発注して代金を支払うという契約であれば、発注元は代金を支払う義務があり、発注先は製品を製造して引き渡す義務があります。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12362;返事ありがとうございます。物件に関しては手付けを放棄すれば良いのですが、仲介手数料の場合は話し合いによって、白紙に戻す可能性もあると解釈してもよいでしょうか。

ご返信いただき、ありがとうございます。

業者が「着手」していなければ、手付金放棄での契約解除は可能です。その場合契約は白紙になるのですから、仲介手数料は発生しません。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;回答ありがとうございます。どの仕事で「着手」と判断するかは契約書を見ればわかるということでしょうか。

ご返信いただき、ありがとうございます。

契約書を見ただけではわかりません。「登記手続きを司法書士に依頼した」などは着手にあたります。

質問者: 返答済み 16 日 前.
22238;答ありがとうございます。
業者が何を着手しているかどうかはこちらからは全くわかりません。
ですから手付解除+まだかかる可能性はあるということですね?

ご返信いただき、ありがとうございます。

手付金放棄での契約解除ができない場合、基本的に契約履行となります。

dai60960000をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問