ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 13504
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

昭和40年の建売住宅の為、隣家共々境界ぎりぎりに家が建っています。特にこちらは一部分ですが境界にピッチリに建っている部分

ユーザー評価:

昭和40年の建売住宅の為、隣家共々境界ぎりぎりに家が建っています。特にこちらは一部分ですが境界にピッチリに建っている部分が1mほどあります。そこ以外は人が一人やっと通れるくらいのスペースがあります。そんな状況なので普段は立ち入ったりしませんが、その奥にガスの元栓・メーターがありガス会社が点検に入ることがあります。
過去特に問題はおきなかったのですが、急に隣家が他人の土地に入るなと言い出し、境界にピッチリに建っている部分にゴミを積んだりして入れないようにしています。ガスの元栓部分は当然こちらの土地なので文句を言われる筋合いはないのですが、点検には境界にピッチリに建っている部分だけ隣家の土地を通らなければなりません。従っていると点検に支障が出ます。かといって話しても入れないの一点張りで話合いになりません。無許可でその部分を通過すると法的に問題があるでしょうか。

ご質問、ありがとうございます。

法律には『隣地使用権』というものが定められています。

『土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地所有者に、隣地を使用することを請求することができる隣地使用権がある(民法第209条第1項)。』

と規定されており、隣地の使用に際し隣地の土地や建物に損害を与えたときは、賠償しなくてはなりませんが、隣地使用権は隣地に損害を与えない範囲でその使用を認めています。

隣地所有者が土地所有者の必要に応じた敷地の使用を承諾しないときは、土地所有者は裁判により、承諾に代わる判決を得ることが可能であり、判決により使用の必要の範囲で隣地の使用が可能になります(同法第414条第1項・第2項)。

以上の法的根拠を以て、再度、隣地所有者に対して当該土地の使用を、求めてはいかがでしょうか。

宜しければ下記URLもご参照ください。

隣地使用権とは何か | 公益財団法人不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター) (retpc.jp)

ito-gyoseiをはじめその他3 名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12468;ミを積んで入れないようにするくらいなので、もう話し合い出来る状態ではありません。緊急性はまだないので、裁判するかどうかは別にして弁護士等の法律家に相談したいと思います。

ご返信、ありがとうございます。

弁護士へ依頼すると着手金だけで10~30万円程度の費用が予想されます。

まずは裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。
ぜひ、ご一考ください。

民事調停・裁判所(政府広報オンライン)
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201408/3.html

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。タイミングをみて、民事調停を使ってみたいと思います。相手方が普段の話し合いに応じないので、いきなり調停に持ち込むことになりそうですが、相手方がそれも全く応じないとなると後は裁判しかないでしょうか。

その場合はそうなります。

ただ、結果は法律の条文通りにしかなりません。

相手方にとっては実のない訴訟ですね。

質問者: 返答済み 6 日 前.
28145;夜、お付き合いいただきありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
問題の早期解決、心からお祈り申し上げます。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問