ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60960000に今すぐ質問する
dai60960000
dai60960000, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 3203
経験:  所長
64397026
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
dai60960000がオンラインで質問受付中

不動産売買の手付解除の方法について、アドバイスいただきたいです。 ・私は買主

ユーザー評価:

不動産売買の手付解除の方法について、アドバイスいただきたいです。・私は買主
・契約日当日に、売買契約締結直前でのキャンセルを行いました。
└親からの強い反対により、考え直したため
・仲介契約書は捺印済み、売買契約は捺印前
・売主個人へ手付金支払い済み
・仲介業者からは、一旦契約締結してから、手付解除の方法を取って正当なやり方をするのが良い。もしその方法を取らないと正当じゃないので売主様から賠償金や違約金10%の請求がくるかもしれないと言われています。という状況です。私の責任で、多々迷惑をかけていることは承知なので、手付金は謝罪料としても売主さんへ支払いたいと思っています。ただ、ここで気になったのが、契約してしまったら仲介手数料も請求対象になるのではと思っております。手付金の支払いは、証約手付と言われ、契約と同じ扱いとなると伺いました。この場合も、仲介手数料発生の契約締結と見做されるのでしょうか。どうするのが得策でしょうか。

ご質問いただき、ありがとうございます。

不動産取引には「クーリングオフ」という制度がありますが、売買契約締結前ですのでクーリングオフの適用も必要ありません。

「一旦契約締結してから、手付解除の方法を取って正当なやり方をするのが良い。もしその方法を取らないと正当でない」そのようなことはありません。

締結するとしないでは大違いです。「仲介手数料」それは仲介が成立(売買契約が成立して)して初めて発生します。

契約が破談であるため、たとえ手付金を売主に渡っていたとしても、返還義務が生じます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
証約手付扱いとなる手付金の受領の証があっても、それを契約とはみなされませんでしょうか?また、実際に売主様から違約金請求や賠償金請求などはあり得るのでしょうか。。弁護士様を立てたりしないと容易にできない行為という認識なのですが、不動産屋は、請求される、訴訟される、と言ってくるので不安です。

ご返信いただき、ありがとうございます。

本当に「証約手付」となっているのでしょうか。まずは確認を。本当に証約手付となっていた場合は、原則手付金放棄での解約を売主に申し出ることになります。その前に売買契約書の「契約の解除」の項についてよく確認しましょう。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12372;回答、ありがとうございます。
手付金の定義には特に変わった書き方はされておりませんでした。
質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (64QG75S)
質問者: 返答済み 16 日 前.
28155;付ファイル (32QL72P)
質問者: 返答済み 16 日 前.
36949;約金の支払い定義も、契約を結んでいないので対象にならない理解です。明日話し合いを不動産屋とするのですが、かなり強めのコミュニケーションのため、とても不安です。怖いです、、、
契約は締結しません。まずは売主様に心からの謝罪をしたいのと、説明いただいた上で、対応検討させてください。という一点張りでいいのでしょうか。。。

ご返信いただき、ありがとうございます。

契約書を確認しました。13条に「売主・買主双方着手するまでは、手付金放棄で解約ができる」との記述があります。

証約手付ですと契約を締結した効果を生む恐れがあるので、売主へ早期にこの意思を伝える必要があります。「売主様に心からの謝罪をしたい」この心を持って売主に対する必要があります。

dai60960000をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問