ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2008
経験:  弁護士会法律相談センター相談担当者(一般・家事・高齢者・新規登録弁護士指導)、弁護士会中小企業センター相談担当者、商工会議所専門相談員、法テラス契約弁護士
108532725
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

弁護士エイティー様へ 不動産の売却は銀行さんで相談しますか?それとも、買い取り専門業者さんでも可能なのでしょう?

ユーザー評価:

弁護士エイティー様へ不動産の売却は銀行さんで相談しますか?それとも、買い取り専門業者さんでも可能なのでしょう?
売却額が決まり、
住宅ローンの残額が残りましたらそれは離婚後でも財産として折半になってしまいますか?

弁護士のエイティです。ご指名ありがとうございます。

ローンが残っているということは抵当権がついた状態だと思います。

そうすると抵当権が外れなければ、第三者はそのような物件は買いません。

そのため、ローンが残っている不動産の売却は、抵当権を設定している金融機関と相談することが必須となります。

ただ、金融機関が買い主を探してくれるわけではないため、まずは不動産業者に依頼して買主を探してもらい、買主が見つかれば、金融機関に対して売却に同意して抵当権を外してもらえるように、不動産業者から申し入れてもらうことになります。

なお、抵当権を外してもらうためには、当然、ローンを完済する必要がありますので、売却代金からローンの残債をまず金融機関に返済し、こちらが受け取れるのは、最終的に残った額ということになります。

そのため、この場合はローンを折半ということにはなりません。優先的にローンを返す、というだけです。

ちなみに、不動産がローンの残債を上回る額で売れない場合(いわゆるオーバーローンの状態)では、抵当権を外して売却することができませんので、事実上買い主が現れず、売却ができないということになります。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 日 前.
21161;かりました。
まずは銀行に行き相談します。
又何かご質問があればご連絡させていただきます。
ありがとうございました。

こちらこそ、高いご評価をいただきありがとうございました。ボーナスまで頂戴しており、恐縮です。

また何かございましたら、ご相談下さい。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問