ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 732
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

不動産の購入についてです。親や祖父所有の アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

不動産の購入についてです。親や祖父所有の
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 不動産の購入についてです。親や祖父所有の不動産を相続ではなく、一定額を支払った方が私にとって負担が少ないケースはあるものでしょうか? 広大な資産のケースでは(私のケースではありませんが)、みなさんどのようにして引き継いでいるのでしょうか。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 東京都です。一般例で結構なので負担を減らす方法をアドバイスしてください。

弁護士まちだが回答させていただきます。

一定額を支払って売買というかたちで、不動産を移転するという意味でしょうか。

このような場合でも、市場価格と比較して著しく低い金額での売買であると税務署に判断された場合には、贈与と判断され、贈与税が課税される場合がありますので、注意が必要です。

一般的には、生前贈与や、小規模宅地等の特例などの制度を利用して節税効果が期待できます。

ご参考にしていただければ幸いです。

machidaをはじめその他3 名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問