ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, 2級FP技能士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 1760
経験:  知的財産修士(専門職)、H14年度行政書士試験合格、H29年度社会保険労務士試験合格、H31年度宅地建物取引士試験合格
62663831
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

現況・地目共に公衆用道路として舗装されている私有地を譲り受けることとなりました。細長い地形の囲繞地です。袋地の4区画の宅

ユーザー評価:

現況・地目共に公衆用道路として舗装されている私有地を譲り受けることとなりました。細長い地形の囲繞地です。袋地の4区画の宅地が位置指定された道路(何故位置指定できたかは当該市担当窓口でも不明。)に接して存在しています。当方が譲り受けた後、この4世帯の住民に対して、私道負担として通行料を請求できるでしょうか。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 当方は埼玉県。当該地は鹿児島市です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 民法213条に該当するかは調べていません。

ご質問ありがとうございます。

土地を譲り受けた場合、周辺住民の方との権利・義務関係は現状を引き継ぎます。

従って、現所有者が通行料を請求されているのであれば引き続き請求可能ですが、そうでない場合には位置指定された経緯などから調査しなおす必要があり、周辺の方との話し合いも必要です。

所有者が変わってしまいますと、これまでの経緯の共有・調査などが難しくなることが考えられますので、あらたに通行料の請求をについてお考えであれば、現所有者の方に解決をしていただいてから譲り受けられることをお勧めします。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございます。登記名義人はかなり前に亡くなられており、その相続人から譲り受ける予定です。相続人もすべて九州外(関西、名古屋、関東)に居住しており、袋地の一部が位置指定道路認定された経緯は分からないそうです。(当該市の管轄窓口も分からないのですから。)袋地の住民も経緯は分からず、かつ今から話し合に応じる態度ではないようです。裁判となった場合も見据えて考えています。

そうですか。

これまで請求されてこなかったということであれば、今後について請求可能な可能性がないわけではありませんが、無償の通行地役権が周辺住人に発生している(建築時に許諾されている、あるいは時効取得している)といった可能性も考えられます。訴訟にかかる費用や手間を考えると自治体への寄付や利用されている住民に安価に買取ってもらうなどの方法を検討されてもいいように感じました。

交渉されるとすれば、一定期間(例えば以後10年間や、現在の家屋名義人が生存居住している間、など)の無償使用を許諾しつつ、それ以降は有償とする契約書を作成するといった交渉方法が考えられるでしょうか。

質問者: 返答済み 12 日 前.
26412;年、鹿児島市の当該関係各課で相談しましたが、袋地である土地の一部が位置指定されている事実が判明したのみでした。市が位置指定認可当時には既に登記名義人は亡くなられていましたので、何故位置指定認可されたのか更に不思議に感じました。袋地住人が、アドバイス通りの話し合いに応じていただけない場合は、逆に行政に対して不服申し立て等出来る余地はありますか。

行政処分に不服のある場合は、自分に不利な処分が行われたことを知ったときから3か月以内、または処分が行われたときから1年以内に不服申し立ての手続きを行う必要があります。

質問者: 返答済み 12 日 前.
22258;繞地所有者として、袋地所有者と話し合いのため、調停申立する場合は管轄家庭裁判所になりますか。
また、袋地所有者が話し合いに応じない場合は、囲繞地通行権の有償請求訴訟で管轄簡易裁判所となりますか。

土地所有者と隣接土地所有者の問題であって、相続問題というわけではありませんので、家庭裁判所は関係ありません。争いの内容や金額によって、簡易裁判所又は地方裁判所の管轄となります。

followをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問