ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
行政書士Mに今すぐ質問する
行政書士M
行政書士M, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 417
経験:  Expert
113803217
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
行政書士Mがオンラインで質問受付中

パチンコ屋の駐車場に土地を賃貸借してます。借主から途中解約の申し入れがありましたが、原状回復は契約解除後に協議すると主張

質問者の質問

パチンコ屋の駐車場に土地を賃貸借してます。借主から途中解約の申し入れがありましたが、原状回復は契約解除後に協議すると主張してきました。本来なら契約期間内に原状回復して明け渡ししなければならないと認識してますが仲介業者も原状回復しなくてよければ敷金返還しなくてよいと言ってます。仲介業者として如何かと思います。また転貸借も貸主の承諾なしに仲介しておりまったく契約違反と考えていません。何らかの制裁を下せませんか。
投稿: 16 日 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  行政書士M 返答済み 16 日 前.

はじめまして。

行政書士Mです。

まず、転貸借については、契約違反であろうと思います。

また、契約の途中解約の際に、原状回復する義務も契約書に書かれているかと存じます。貸主から、原状回復を履行しない代わりに敷金返還をしないでよいといった提案をされるのは自由ですが、借主からそのような一方的な要求があるのは合理的ではないですし、仰るとおり仲介業者も責任を果たしていません。

これらのことで何か具体的に損失が出ているなら損害賠償請求はできると考えます。

契約書に契約違反の際の扱いについて定めてあれば、それに基づいて請求され、それに応じない場合は法的手続きに進むということになろうかと存じます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
36578;貸借は禁止事項として契約書に明記されてます。また原状回復後に明け渡しも書いてあり、履行しない場合は使用損害金が発生し賃料の倍額を支払うことになってます。一方で敷金の金額では原状回復はできる額ではないです。法的手段の具体的な内容や方法はどのようなことになりますか。
専門家:  行政書士M 返答済み 16 日 前.

まず、転貸借についての請求と、契約解除についての原状回復の履行の請求をします。

これは、内容証明郵便で、これまでの経緯と、こちら側の請求権の根拠が、締結済みの契約書のどの規定に基づくかを記して、期限付きで回答もしくは金額支払を

請求します。また内容証明郵便の末尾には、請求に応じない場合は、法的手続きをとる用意があることを書いておきます。

期限内に対応しない場合は、金額が多くない場合は、簡易裁判所への調停、支払督促、少額訴訟等又は訴訟の提起をおこないます。

金額が大きい場合は地方裁判所への訴訟提起となります(訴訟となると弁護士が必要です)。

流れとしてはこのようなものです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
仲介業者への何らかの制裁はだせませんか。やることが悪徳過ぎて許せません。
専門家:  行政書士M 返答済み 16 日 前.

不動産仲介業者については、処罰を求めるのは、免許権者の都庁ですし、苦情は所属団体の宅地建物取引業協会とか全日本不動産協会とかであろうかと思います。

これ等の監督官庁や所属団体の上層部に事情を連絡して、不誠実或いは悪質な対応について処分或いは注意を与ええるように依頼をすることが考えられます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございました。
参考とさせていただきます。
専門家:  行政書士M 返答済み 14 日 前.

はい、追加のご質問はありますか?

宜しければ、お時間のある時に、ご評価(星の数の入力)を頂ければ幸いです。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問