ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2946
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

お世話になっております。 現在アメリカに住んでおります。

ユーザー評価:

お世話になっております。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 現在アメリカに住んでおります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 日本に住んでいた際に居住していたマンションを、ダーウィン株式会社を通じて第3者に貸与しております。定期借家での3年契約でした。しかし、昨年9月末に「転勤」のためという理由で定期借家期間中での退去となり、途中解約に伴う家賃補償などを得ることができませんでした。ただ、前入居者の転勤の実態はなく、同じマンションの別の部屋を購入したことが後になって判明し、家賃補償を支払う必要のない途中解約事由にはあたらないのではないかと考えています。現在、ダーウィン社に、前入居者に対して途中解約事由に関して問い合わせをいただいておりますが、ずっと無視されている状態のようです。海外赴任のため、自分で動くことができず歯がゆい思いをしているのですが、弁護士さんに相談することで別の解決法がないかと思い、ご相談させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

内容読ませていただきました。昨年9月末に「転勤」のためという理由で定期借家期間中での退去となり、途中解約に伴う家賃補償などを得ることができなかったということですが、定期借家期間中での解約はやむを得ない事情というのがない場合、違約金等の支払い義務があります。今回の場合は途中解約に伴う家賃補償ですね。おっしゃる通り、虚偽が含まれた同じマンションの別の部屋を購入したことは、やむを得ない理由に該当しません。定期借家契約でも中途で解約することができるのは、契約前に中途解約ができることを特約で結んでいること。それと外的要因で使用し続けることが困難となる事情がある場合です。外的要因は、例えば近所に反社会勢力が住んでしまって安心できない。勤務先の会社が倒産して、契約どおりの家賃が支払えない等が挙げられます。アメリカにお住まいで日本の争いに関して直接対応することができないということですから、弁護士に貴方の代理人として今回の不当性がある契約解除について損害賠償請求等を依頼することは可能です。お電話は可能な状態であれば、弁護士に相談する手段として、法テラスという公共の機関を利用することができます。当初から費用が発生してしまうのは負担でしょうから、その物件がある地域の法テラス(日本司法支援センター法テラス)へご相談になってみるといいでしょう。法テラスでは、現在、新型コロナウイルス感染症対策として、2021年3月31日まで、面談のほか、電話やオンラインでの法律相談も行っています。お近くの弁護士・司法書士との電話やオンラインによる相談も無料となる場合があります。その他、法テラスでは法律にかかわる相談や法律案件に対応し、弁護士、司法書士の紹介も行っています。ご参考になさってみてください。

法テラス https://www.houterasu.or.jp/

Loweをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;返信いただきありがとうございます。もう少し質問させていただいてもよろしいでしょうか。契約形態は当方とダーウィン社、そしてダーウィン社と前入居者となっており、当方と前入居者の間に直接的な関係性はありません。契約時の書類のやり取りや内覧の際に顔を合わせて名前と勤務先(その方は医師で病院名が書いてありました)を把握していました。引っ越し先の情報も、偶然マンションの管理事務所の方から聞いて驚き、勤務先もWebに載っていますので確認したところ転勤していないことが判明したた次第です。ただ、このように偶然入手した情報を使って対応することに何か問題がないのか、ダーウィン社を飛ばして対応することに問題がないのかが気になっています。いかがでしょうか。

偶然入手した情報を証拠とすることは問題ありません。違法な方法を使って調べ上げたことではありませんし、その面からしても問題ありません。虚偽の報告をしている前住人のかたが問題であるので、裁判になるようなことがあったとしても、証拠を集めていくので、現時点で証拠があるということは逆に有利です。ただ、前入居者に直接交渉するよりは、ダーウィン社を通した方がいいのですが、相手が無視しているという状況にあるため、これ以上進捗が見込めないようでしたら直接交渉に進んでも大丈夫です。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12354;りがとうございます。こういった案件に対応期限、時効などはあるのでしょうか?

相手が判明しているので、3年で時効になってしまいます。

質問者: 返答済み 17 日 前.
25215;知いたしました。細かい点までご対応いただき、ありがとうございました。

こちらこそご利用ありがとうございました。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問