JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 2068
経験:  dasdasd
84237273
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

訴訟の相談です。 愛媛県です。

質問者の質問

訴訟の相談です。
JA: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛媛県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 境界に絡む問題です。私の地所に相手方がブロック塀を設置しました。ブロックの撤去と慰謝料を請求したい。
投稿: 10 日 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
専門家:  khyh1709 返答済み 10 日 前.

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

境界を越えてブロック塀を設置しているのなら,当然,妨害排除請求としての撤去請求ができます。

ただ,土地の境界についての争いがあって,その上での相手の行動なら,相手も境界線について信じている線があって,それを超えていない,

といってくるのでしょうから,

まずは,境界線を確定させる手続を進めた方がいいのではないでしょうか。

そのためには,法務局の図面で境界を確認するか,あるいは,法務局に,筆界特定の手続を申し込むことです。

筆界特定というのは,専門の担当者が,法務局の扱いでは土地の境界線はここだという線を図面上で示すもので,

境界確定の訴訟においてもかなりの重要性を持つものです。

なお,こういう財産的な争いのケースでは,残念ながら慰謝料というのはほとんど認められていません。

財産的な被害が回復すれば,それで十分ではないか,という考えがあるからです。

もっとも,殴られたとか,言葉で脅された,けなされたなど,財産的なものにとどまらないものがある場合には,

その点についての慰謝料請求,というのはありうるところです。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問