JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 5170
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

買付証明書の効力についてです アシスタント:

質問者の質問

買付証明書の効力についてです
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: ある中古物件の購入を希望し、買付証明を記入し提出しました。その際、仲介業者が言われたため、締結糸決済日は未記入です。
投稿: 6 ヶ月 前.
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
質問者: 返答済み 6 ヶ月 前.
20869;見をしたのち、購入の意思があることを示し不動産仲介業者の提出された「買付証明書」に記載。その際、売買契約の締結時期及び決済時期については未記入。手附金等については金額を30万円で記入。手付け入金日は翌日でも可能であることを仲介業者へ伝えました。また、銀行の融資を受けることからローン特約についても記入し、ハウスインスペクションを受けること、金額を50万まけていただけないなを記載。翌日までには売主側(売主も不動産会社)へ提出され、二日後に売主側から金額を30万円引かせていただく事でご納得いただけないかと、仲介業者を介して打診がありました。それを聞いた日にハウスインスペクション、耐震検査については買主側負担であるならば図面等の提出協力はいたします。と合わせて回答があったので30万値下げの金額でこちらも合意し、その翌日に再度内見を行い、リフォーム業者立会のもとリフォーム内容打ち合わせを行い、その日に改めて週明けに銀行へローン申請に行くことを伝えました。 週明けに銀行へ手続きに行った際、与信結果日程を教えていただいたので、それを仲介業者にも伝えました。ところが、その翌日となる今日仲介業者から連絡があり
「売主側からxxさんはうるさそうな方だから、ご遠慮いただきたいと言われている」と連絡があり、こちらからは「ハウスインスペクションを入れるのは、リフォームの段階で問題がある場所を優先的に直して住みたいからであり、瑕疵担保責任を負わせたり、無理難題を突きつけるつもりは毛頭ない」ことを再度伝えました。(買付証明書の記載時もそれはお伝えしております。 その後仲介業者が売主へ連絡後、再度こちらに連絡が入り、「どうやらxxさんよりも高額で即金で購入されたい方がおられるようで、売主側としても確実性のあるそちらに売りたいのが本音」といったことを伝え聞きました。
私の回答として「一方的な契約反故に当たるのでは?その前に買主が信用できないといった事を理由にしていたのに一転して即金で言い値で買われる人が出たからというのは買手側をバカにしすぎでは?」と伝えました。同時に精神的な苦痛を覚えたことと一方的な契約反故であることから、いくら買付証明書であって売買契約書ではなかったとしても、銀行・リフォーム業者・仲介業者それぞれが本契約に向けて動いている事実があること・これらを踏まえ、十分に損害賠償責任が発生すると思われるし、それに準ずる誠意を見せていただけない限り納得いかない」と伝えていただくよう話を終えました。実際に、こういった状況で手付け金額であった30万は賠償責任としていただけるのでしょうか?
精神的な苦痛を覚えた点も含めたら、100万くらい欲しいと思っていますがそれは無理なものでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 6 ヶ月 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。まず、手付金が支払われていますので、手付金を特に解約手付や違約手付などの指定が無い場合、解約手付と考えますので、売り主は、理由に関係なく手付倍返しで、契約の解除が出来ます。今回、手付金が30万円であれば、解約金は、60万円です。それ以外に損害賠償請求は法的には出来ません。基本的に、売り主が解約手付の倍返しをすれば、理由は問われないので、そこで争うのは難しいでしょう。ただ、ご相談者様がそれでは納得がいかないと言うことであれば、相手が、支払う義務はないが、解決金で話をまとめると言うケースもあり得ます。そこまで動いた時に生じた実損が60万円を超えていれば交渉されても良いでしょう。精神的な苦痛の場合、心療内科に通う程度の診断書がでるものでないと難しいとは思います。ただ、前述した通り、民事ですから、相手と交渉されるのは自由です。当然、何らかの債務不履行があれば、損害賠償請求はあり得ます。頑張って下さい。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問