JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
khyh1709に今すぐ質問する
khyh1709
khyh1709, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 1355
経験:  dasdasd
84237273
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
khyh1709がオンラインで質問受付中

ユーザー評価:

① 私は婚姻5年前に5000万円で買収の土地を婚姻11年後に9000万円で売却しました。、その利益およそ3500万円は、離婚の財産分与の対象でしょうか。
妻は、この土地の管理、売却に一切関与していません。
② その売却金9000万円を法人に貸付し、毎月50万円返済を受けています。この返済金は、私の収入として、財産分与の対象になりますか。
以上について、ご教授をお願いします。

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

①ですが,婚姻前に取得していた財産で,それを婚姻後に売却したとしても,

その土地が婚姻生活とは全く関係がないと言うことですから,こちらの持ち物,特有財産という言い方をしますが,

夫婦共有財産ではないので,財産分与の対象にはなりませんね。

②は,その返済されている50万円をどのように使っているか,ということにも関係すると思います。

もともと,9000万円が特有財産だったので,その返済も,特有財産である,という考えも成り立ちます。

ただ,50万円の返済を受けていることで,生活費の足しになっているとか,夫婦の婚姻生活に関係する使途の場合は共有財産という余地も出てきますので,扱いが微妙になってきますね。

ただ単に,婚姻前から持っていた口座に入金されているというだけなら,特有財産という扱いでいいと思います。

khyh1709をはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;難うございました。
②についてお伺いいたします。
   返済を受けている50万円の内から、自宅の建築費を毎月20万円分割支払し、現在およそ2000万円支払し、残債が2500 万円あります。今、離婚する場合、財産分与の対象額は、どれくらい考えておくべきでしょうか。恐縮ですが、アドバイスをお願いいたします。については、およそ土曜な計算になるでしょうか

自宅の名義はこちらの単独所有,でいいでしょうか。

不動産の評価と,残ローンとの差額で,どれくらいのプラスの評価になるかですが,

この20万円の返済分は,特有財産に基づく返済なので,それを除いた部分,

つまりは,ローンの半額ほどを返済されているようですが,不動産についてもそもそも共有財産部分は半分程度しかない,

さらにそれを分与するので,さらに相手の取り分は下がる,(例えば4分の1)といったあたりがひとつの試算かと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;難うございます。
自宅名義は、私個人です。 建物の現在評価は3000万円くらいで、市役所の評価価額は2200万円です。
残債と現在評価の差額は、500万円くらいです。この状態で、およその金額をご検討いただければ、アドバイスをお願いします。

高めに見積もるとして,建物の共有評価が半分の1500万円程度として,その半分750万円相当を渡すとしても,

ローンの残額が2500万円,その半額負担を相手に求めるとするなら,かえってお金を支払ってもらうような状況ですから,

ローンの負担は求めない代わりに,建物の分与もしない,という案で,まずはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;難うございました。大変参考になり、これで安心して離婚調停に臨むことが出来ます。
お世話になりました。御礼申し上げます。

こちらこそ,参考になりましたら幸いです。

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問