JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Maigretに今すぐ質問する
Maigret
Maigret, 弁護士
カテゴリ: 不動産・宅地取引・登記
満足したユーザー: 32
経験:  都市圏の中規模事務所に勤務する中堅弁護士です。
97278336
ここに 不動産・宅地取引・登記 に関する質問を入力してください。
Maigretがオンラインで質問受付中

丘の傾斜地に畑を所有する所有権者の畑の斜面が自然災害により崩れて畑より低地にある道路または建物をつぶしてしまった場合、畑

ユーザー評価:

丘の傾斜地に畑を所有する所有権者の畑の斜面が自然災害により崩れて畑より低地にある道路または建物をつぶしてしまった場合、畑の所有者は斜面が崩れたことによる損害賠償の責任は
ありますでしょうか?         横浜市 H、M

民法717条により,土地の「占有者」または「所有者」は,「土地の工作物」の設置又は保存に「瑕疵」があることによって他人に損害を生じたときは、被害者に対してその損害を賠償する責任を負います。

「土地の工作物」とは,「土地に接着した人工物」をいいますが,土地自体が加工されている場合は,土地自体も「工作物」に当たるとされていますので,「畑」も「土地の工作物」と考えて良いでしょう。

ただし,被害者が畑の占有者・所有者に損害賠償を請求するためには,畑の設置または保存に「瑕疵」があったことを立証しなければならず,この立証のハードルは相当高いと思います。

国有地などの崩壊事例では,国側に高度な注意義務を認めて,損害賠償を認める裁判例が多いですが,私有地の場合には,占有者・所有者の管理に問題があったということを,かなり具体的に主張立証する必要があるでしょう。

話し合いで決着できない場合は裁判で争うことになりますが,裁判の中でも,比較的難しい部類になると思います。

Maigretをはじめその他名の不動産・宅地取引・登記カテゴリの専門家が質問受付中

不動産・宅地取引・登記 についての関連する質問