ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 10170
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

個人事業主で業務委託を行うA社と嘱託契約で嘱託社員として契約するB社があったとして アシスタント:

ユーザー評価:

個人事業主で業務委託を行うA社と嘱託契約で嘱託社員として契約するB社があったとして
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 栃木県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 業務委託契約と嘱託契約を同時に締結しても問題がないか確認頂けますか。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

貴方は個人事業者の立場であり、貴方とA社、貴方とB社がそれぞれ別で契約を結ぶという形なのですよね。それは何ら問題がありません。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12354;りがとうございます。
こちらの嘱託契約書なのですが、社会保険を契約に入れてもらうには、何か条件が必要なのでしょうか。

嘱託の契約で社会保険に加入する条件としては、嘱託の契約先が社会保険の適用事業所で、かつ1週間の所定労働時間および1カ月の所定労働日数が同じ事業所で同様の業務に従事する一般社員の4分の3以上であることが求められます。その条件を満たしていれば、社会保険に加入しなければならないということになるのです。

質問者: 返答済み 2 日 前.
36913;40時間だとして、契約書に週30時間は事務所に出勤し、業務に従事する契約内容なら、社会保険が適応出来るという認識であっておりますか。契約締結後に、30時間に満たない週が発生した場合はどのような対応になるのでしょうか。
質問者: 返答済み 2 日 前.
21029;の質問になりますが、法人を持たない個人事業主は企業Aと準委任契約を行う事は特に問題ないものですか?
週40時間だとして、契約書に週30時間は事務所に出勤し、業務に従事する契約内容なら、社会保険が適応出来るという認識であっておりますか。

→はい、おっしゃる通りです。

契約締結後に、30時間に満たない週が発生した場合はどのような対応になるのでしょうか。

→仮にそのような週があったとしても、適用外になってしまうことはありません。契約上30時間の出勤が条件になっていれば、問題ありませんし、年間で見て、明らかに30時間に満たない週が多い場合は、再検討になりますが、基本的には一度社会保険適用になったら、多少のことで適用外になることはないということです。

尚、こちらのサイトは一問一答制になっておりますので、まず今回の初めのご質問に対する回答に対して画面の星マークで完了評価をお願い致します。

引き続きのご質問については延長にご同意いただくか新規投稿でお願いします。ご指名いただければ引き続き私が対応することもできます。指名方法が分からない場合は、文頭に「Lowe指名」とご入力くだされば引き続き私が対応いたします。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 日 前.
22238;答ありがとうございました。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。いい方向に進みますことお祈りしています。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。いい方向に進みますことお祈りしています。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

雇用・労働 についての関連する質問