ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 114
経験:  労働案件取り扱い実績多数
119635543
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

産休育休中に入った場合の会社の評価査定についてお尋ねです。 1年に一度評価査定があり、昇給があります。

ユーザー評価:

産休育休中に入った場合の会社の評価査定についてお尋ねです。1年に一度評価査定があり、昇給があります。
評価期間の1年間のうち8ヶ月は勤務、残り4ヶ月は産休育休となりました。
人事に評価について確認したところ、今回は評価対象外と回答がありました。
つまり12ヶ月のうち8ヶ月働いても、その働きに対する評価はされず、昇給もないということのようです。これは法律に基づいても、そういうものなのでしょうか?もしくは法律的なものはなく、会社のルールに準ずるものなのでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ありません。よろしくお願いいたします。

はじめまして、弁護士こだまと申します。
ある会社内の人事評価をどのように行うかは、基本的には当該会社が自由に設定することができるものとされており、少なくともご記載いただいたような内容の評価制度を定める法律上の義務はございません。

ただ、今回の対応が適法な対応かというと、そのように判断されない可能性もございます。
育児介護休業法上は、育児休暇を取得したことを不利益に取り扱ってはならないとされており、今回の対応がこれに該当する可能性があるためです。

裁判所の判断においても、育児休暇による欠勤について、単純な労務の不提供と同視して社内の人事考課制度に当てはめて昇給をさせないという判断を下した企業側の判断を違法としたものが存在しています。
今回は、ご相談者様は8か月分は勤務しているわけですから、その部分を評価せずに漫然と昇給不可と判断することについては、大いに違法性を争うことができる可能性があるのではないかと思います。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12371;だま先生
さっそくのご回答ありがとうございます。理解しました。
この場合、会社にどのように伝えるべきでしょうか。l
以前一定期間休職した部下がいたのですが、その人には通常昇給額の半分支払われたことがありましたので、疑問に思いご質問させていただいた次第です。私の場合、率直に人事に話す(異議申し立て?)べきでしょうか?
おおごとにはしたくないので悩ましく思っております。

そうですね、法的な帰結がどうかという部分と、事実として、会社に対して悪い印象を持たれてしまう、という点は、必ずしも一致しないところが悩ましいところなので、あくまで、ご相談者様が、仮に、印象として悪いものを持たれたとしても法的に認められるべきは認めさせるべきという観点から、権利を主張するかどうか次第になってしまいます。
そういう意味では、人事担当者に話をしに行くだけであればそれほど大事にならないということであれば、今回の対応は育児介護休業法の規定に反する疑いがあること、先ほどの私の回答のような裁判所の判断もされているようですし、一度再考願えないか、ということを、人事担当者にお話ししに行かれるというところから始められてはいかがでしょうか。

こだま弁護士をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
35242;身なご回答ありがとうございました。
承知いたしました。
一度人事と話ししてみようと思います。
質問させていただき誠にありがとうございました。

ご評価いただきありがとうございます。
なにかのお役に立てたようでしたら幸いです。
この度はご利用いただきありがとうございました。
またの機会がございましたら、その際もよろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問