ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 6155
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

こんにちは。

ユーザー評価:

こんにちは。
現職の一事業部の運営を任され、10年が経過した際に、担当していた事業が他の企業に部分的な買収をされ、新たな事業への取り組みをはじめてから1年以上が経っておりますが、今年の春頃、新たな事業を進めるにあたって人員の配置や業務分担などを計画し、社の代表にも報告・了承を得た状態で進めていたところ、突然役職を追われ、一人だけの単独部署で業務を行うことになってしまいました。私と一緒に事業にあたっていたスタッフがいるのですが、社の代表と特殊な関係である事を利用し、都合のよい勤務条件のもとで勤務していた事や、正直仕事があまりできないため、私がすべて責任を負って対処していた事などが積み重なり、私自身、そのスタッフに対して信用を持てず、当然ながら業務運営に対しても積極的な意見の採用は行えない状況でした。このことが原因かはわかりませんが、そのスタッフが過去10年にわたって自分が気に入らなかった事を羅列した意見書を作成し、社の代表に提出したようです。そのスタッフ自身が発言した事や進んで楽しんで会話していた事などがすべて私が発言した事になっていた上、悪意に満ちた内容に変えられており、私のノハラスメントが問題だと書かれた意見書でした。併せて事業の開発にあたって必要と判断した資材の購入、視察などに使用したタクシー運賃などを私が横領したかのような内容も記載されており、私が作成し、社内担当部署へ提出・承認済みの領収証など過去5年にわたって集めて、すべて私が勝手に使用した使途不明金であると報告されておりました。これについて、私自身反論も行いましたが、確実な証拠や記憶も残っておらず、責任者として至らなかった事は事実として認め、会社の判断として1年間の減俸、部署の移動が決定され現在に至ります。
私は正す必要がある事を認め、退職も検討しましたが、社の代表から新たな事業を展開してほしいと指示があったため、これに応じたのですが
この代表が複数のスタッフに対し、私の一軒を吹聴し、あんな奴はクビだよな、など酒の席で話をしていたことを聞いており、私自身、誰も信用できなくなってしまいました。
現在担当している事業は少しずつ進んでいる状況ではありますが、社内において孤立した環境であり、代表の噂話によって誰も相談に乗ってくれないため、どうしていいのかわからない毎日を過ごしています。
予算計画を提出し進めてくださいとは言われるものの、展開するための協力は得られず、いまだほとんど利益を得られない状況であるため、影で全然だめだね、と言われている事が耳に入ってきます。
それでも何とか事業を進めてきましたが、ここ最近になって会社自体の経営が難しくなってきたと役員が話していることを聞き、やはり転職をしたほうが良いのかと考え始めておりますが、これまでの経緯から会社にとって都合よく退職に追い込まれる事だけは納得したくありません。毎日精神的に不安や苦痛を感じながら勤務しているのですが、分かり易く何かをされたわけでもないし、証拠もないですから対処の仕方がわかりません、やはり、さっさと転職したほうが良いのでしょうか。。

回答者tzx75が対応させていただきます。

あなたの元の役職はどのようなものでしょう。

1年間の減俸はどの程度の額でしょう。

新たな事業とはどのような内容でしょう。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12362;世話になります。
もともとは事業部長の役職におりましたが、会社から任命されたわけでもなく、対外的にそう伝えるようにと会社から指示を受けていた状況です。
年間の減俸額ですが、36万です。(毎月3万の減俸)
化粧品の開発事業を行っております。これまでは海外の製品のディストリビューターとして活動しておりましたが、この度オリジナルの開発製品を展開していく事業を執り行うように言われております。
質問者: 返答済み 11 日 前.
12539;

お答えします。

内容から見て特に法的に争う点は乏しいように思えます。

ただ一方的な減俸は、承諾できないとして元に戻すように通知し改善されない場合は、労働局の総合相談窓口に申し出て、あっせんと言う制度で調整をしてもらわれることです。

あっせんも納得できない場合は3回で判決の出る労働審判に提訴されることです。

ここまでは、弁護士等に依頼しなくても自分でも対応可能です。

今後、自分からの退職をしない場合は、退職勧奨をする可能性がありますが、その場合は

6か月から1年程度の生活補償を申し出られることです。

専門家287tzx75をはじめその他3 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問