ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
こだま弁護士に今すぐ質問する
こだま弁護士
こだま弁護士, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 116
経験:  労働案件取り扱い実績多数
119635543
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
こだま弁護士がオンラインで質問受付中

パーソナルトレーナーです。ジムと業務委託契約を結んでいます。顧客が支払った契約金の30%が報酬として翌月に支払われます。

ユーザー評価:

パーソナルトレーナーです。ジムと業務委託契約を結んでいます。顧客が支払った契約金の30%が報酬として翌月に支払われます。締め日は当月末です。例えば翌月末に辞めるとなった場合、報酬の返還を求められた
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: パーソナルトレーナーです。ジムと業務委託契約を結んでいます。顧客が支払った契約金の30%が報酬として翌月に支払われます。締め日は当月末です。例えば翌月末に辞めるとなった場合、顧客は在籍したままになります。このとき、報酬の返還を求められることはあるのでしょうか?また、返還を求められた場合、前借となると思うのですが、返還に応じなければならないのでしょうか?
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 東京都です。特にございません。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12497;ーソナルトレーナーです。ジムと業務委託契約を結んでいます。顧客が支払った契約金の30%が報酬として翌月に支払われます。締め日は当月末です。例えば翌月末に辞めるとなった場合、顧客は在籍したままになります。このとき、報酬の返還を求められることはあるのでしょうか?また、返還を求められた場合、前借となると思うのですが、返還に応じなければならないのでしょうか?
はじめまして、弁護士こだまと申します。
ご質問の確認ですが、今回の「翌月末に辞めるとなった場合」というのは、ご相談者様がジムとの業務委託契約を終了した場合、というご想定でしょうか。
それとも、報酬の発生対象となる顧客が辞めた場合、ということでしょうか。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12399;じめまして。前者になります。私が辞める場合です。仮に返還を求められるとすると、期間の異なる多数の顧客がいるので一向に辞められない状況が生まれると思っています。

ご返信ありがとうございます。
業務委託契約の内容として、契約終了のタイミングと、報酬の関係について、どのような内容が書かれているか次第になるのですが、ご質問に記載していただいた内容どおりに、
①ご質問者様が在籍中に契約した顧客がある場合に、その顧客が支払った契約金の30%の金額を、翌月末に支払う
②締め日が当月末日
というルールのみが設定されているとしたら、顧客が在籍していたとしても、ご相談者様の報酬発生の観点からはなにも関係がないと考えられますので、特に、返還の必要は生じないと考えられます。

前借りになる、とは、どういった場合をご想定されているのでしょうか。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
例えば自分が辞めるとなった場合、顧客様はジムに残ります。パーソナルトレーニングも別トレーナーが続けることになります。顧客様とジムとの契約はそのまま続くので、顧客が契約終了するまで私が担当できないなら最初に発生した報酬を返還するべき。と言われるのでは無いかと想定しております。

その場合、当該顧客は、ジムに対して、月会費等を支払い続けるのではないのでしょうか。
それがない場合であっても、伺った契約内容からすれば、特に、ご相談者様がどのタイミングで抜けたとしても、月内に獲得した顧客の契約金の30%相当額を獲得できるという内容になっており、
中途に辞めた場合の違約金等を設定して対応をとっていないとすれば、それは、ジム側の落ち度かと考えられます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
35443;しくありがとうございます。最後におひとつだけ、"乙に第1項の各号の一に該当する事由が生じた場合、乙は期限の利益を失い、甲に対し、本契約に関連して生じた一切の債務の全額を現金にて弁済し、また貸与されたものがある場合は、直ちに返還しなければならない。"こう書かれています。こちらの今はどういう意味でしょうか?第1項については基本的に条項に違反した場合という内容です。

その条項だけをご確認させていただいても、意味をご説明することは難しいのですが、
乙をご相談者様のことと想定した場合、その項の前に、1項という規定があり、そのなかに、何かしら、ご相談者様のなんらかの違反について定める規定が並んでいると思われます。
その規定のいずれかに該当した場合には、ご相談者様が契約上分割払いや、一定期限まで支払わなくていいと定められているものについても、即座に支払う義務を負う、という内容になっています。

こだま弁護士をはじめその他3 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12392;てもご丁寧にありがとうございます。兎にも角にも違約金の設定等が無ければ大丈夫ということですね。ありがとうございます。

ご評価いただきありがとうございます。
何かのお役に立てたようでしたら幸いです。
この度はご利用いただきありがとうございました。
またの機会がございましたら、その際もよろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問