ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 6164
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

こんにちは

ユーザー評価:

こんにちは
土日の休日出勤で2日続けて3~5分の遅刻をしてしまい、始末書提出と半日分の減給の制裁を受けました。ちなみに始末書は評価に影響するとされています。
就業規則には1または2つ以上の懲戒処分をすることがあると明記されています。
会社のために自ら休日出勤をして、始末書提出と半日分の減給はやるせない気持ちです。もう2度と休日出勤しなくないと思ってしまいます。
もはや情状酌量の余地はないものでしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: あとは、休日出勤したくないと思っても、就業規則に会社命令で出勤要請できるとありました。
拒否できるものでしょうか?

回答者tzx75が対応させていただきます。

就業規則は労働契約の内容と見なされますから、出勤要請があれば応じる義務は発生します。ただ、休日出勤や時間外労働については労働者代表と会社との間で締結する36協定が必要で、その協定にどのような事由で何回までや限度時間等を締結し、労基署に提出しなければなりませんから、その内容を確認されることです。

質問者: 返答済み 15 日 前.
22238;答ありがとうございます。
36協定については確認してみます。
休日仕事を頑張ったのに始末書を書くのがどうにも納得できないのですが拒否できますか?

お答えします。

確かに休日仕事を頑張ったのに始末書を書かすのはどうかと思いますが、懲戒規定では遅刻の処分は、平日でも休日でも区別はしてない以上仕方がないでしょう。

始末書を書くのを拒否できますが、拒否すれば業命令違反ということになるでしょう。

質問者: 返答済み 15 日 前.
26368;後に聞きたいんですが、
就業規定は理解できるのですが、どうしても気持ち的に書きたくないです。平日に仕事の遅れを出したわけでもなく単にタイトなスケジュールなだけですし、2日間の仕事は自分一人で完結する仕事で誰の迷惑にもなってません。出社してた人は他セクションの2人だけで日曜は自分ひとりだけでした。2日間で丸一日分の給与削減されて十分処分されたことにならないでしょうか?
始末書を書くことになったら、このもやもやした気持ちに嘘をついて反省したことにして誓約するようで嫌です。
始末書書くくらいなら会社を辞めたいとさえ思ってしまいます。
とはいえ、気持ちが高ぶって正しい判断ができそうにないのでアドバイスをお願いいたします。

お答えします。

始末書は、懲戒規定の中では、懲戒規定で懲戒事項とセットになっているものですから、定型的な処置として割り切って提出されることです。

長い職業生活には、腹の虫がおさまらないこともありますが、自分を成長させてくれる時効として前向きに考えられることです。

質問者: 返答済み 15 日 前.
22238;答ありがとうございます。
アドバイスどおり提出するのが普通なんだと思います。
が、理屈で納得するのを自分自身に期待してましたが、この気持ちは収まりそうにありません。
どんな結果になろうと始末書はやっぱり拒否します。その上での処分も受け入れます。
以上で質問は終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

追加でお答えします。

そこまで思われるのでしたら、始末書を拒否される際、遅刻に際して減給制裁を受けているので、始末書まで書くことは二重処罰となり、罪刑法定主義に反すると考えられる。認められない場合は労働局で判断してもらいたいと、会社に訴えることです。

それでもどうしても強制される場合は、労働局の総合相談窓口に申し出て、あっせんと言う制度で調整をしてもらわれることです。

あっせんも納得できない場合は3回で判決の出る労働審判に提訴されることです。

ここまでは、弁護士等に依頼しなくても自分でも対応可能です。

なお、このサイトは「一問一答式の質問サイト」ですので、この時点で評価をお願いできれば幸いです。

引き続きのご質問については新規投稿でお願いします。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問