ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 15530
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

退職についてなのですが アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

退職についてなのですが
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 今月19日に退職したのですが、日にちを騙された感じになってお給料からの9万円を返金しろと言われてます。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。

「今月19日に退職したのですが、日にちを騙された感じになってお給料からの9万円を返金しろと言われてます。」

とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので今回のご質問で聞きたいことと詳細をお教え頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。

宜しくお願いします。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合はお気になさらないでください)

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
31532;一生命に勤めていたのですが、保険会社は退職日によって赤残と言って翌月の社会保険を払わなければならない仕組みのため、上司や支社に赤残が出ない損にならない日付を教えてくださいと伝え、19日と言われて13日までに書類を提出しました。が14日に他のオフィスのオフィス長から29日が赤残もでず一番職員のマイナスがないんだと教えてもらったため、その日のうちに29日に退職日を変更したいと伝えたところ、手続きが滞りなく進んでいるので無理と言われそれならもう仕方ないと受けましたが、21日に支社から、手続きの不備でお給料が全額振り込まれたので19日から月末までの日割り日数分のお給料を返金しろと言われてます。
が不備ということは進んでなかった、しかも日割りで取られる

電話リクエスト、ありがとうございます。

こちらから『+14158403034)』の番号でお電話致します。

最初に機械音声の案内が流れ、後に私に繋がります。

数分間お待ち頂けますよう宜しくお願いします。

お電話でのご質問、ありがとうございました。

「私は29日までの勤務及び29日の退職を希望したにも関わらず、既に退職処理が進んでいるとの虚偽の報告により19日での退職を余儀なくされた。ゆえに、過払い分の給与を返還せよと言うのであれば、虚偽の報告により奪われた29日までの就労の機会の分の賃金に対して損害賠償を求めたい」

こう通告なさってはいかがでしょうか。

方法として、内容証明郵便での通告をお勧めします。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも3万円程度掛かります)

証拠能力のあるきちんとした書面で通告すれば、心理的圧迫効果により相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓

https://kigyobengo.com/media/useful/608.html

内容証明郵便(日本郵便)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_serv HYPERLINK "https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html"ice/syomei/index.html

ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓

https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。

e内容証明(電子内容証明)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています(Amazonでも売っています)。

これを専門家へ依頼しお金を使うのは正直もったいないので、まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

ご質問、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございました。

雇用・労働 についての関連する質問