ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 8704
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

お世話になっております。 労働問題で損害賠償を含めた示談金を企業へ請求する書類を作っております。

ユーザー評価:

お世話になっております。
労働問題で損害賠償を含めた示談金を企業へ請求する書類を作っております。
示談金の支払い額が現在150万を超えており、おそらく企業側としても一括での支払いは難しいと考えています。
しかしながら、分割するにあたっての妥当な回数や金額がどの程度であるのかわかりません。
例えば”○年○月より、8ヶ月の分割とし、毎月○月○日に20万円ずつ、8回(最終支払い額は10万円)を○銀行○支店甲名義の口座に振り込む形で行う。振込手数料は乙の負担とする”といった表現をする場合、何を基準として一回に払う金額や、分割回数を決められますか?

ご指名ありがとうございます。

分割の場合、どのくらいの回数の分割が妥当であるというような基準は特になく、基本的には当事者間での交渉で決めていくことになるのが通常です。請求者側は初めは一括での請求をすることになりますが、支払い側が、仮に分割でお願いしたいといってきた時に、交渉が始まります。請求者側がそこまでの長期の分割には応じれないという場合でしたら、〇回以内の支払いであれば応じるという意志を伝えていっていいですし、分割に応じるのであれば基本的には1年以内での支払いくらいまでとしていくのがいいかと存じます。

Loweをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12363;しこまりました。ありがとうございます。では、最初は一括から進めて、交渉していこうと思います。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。いい方向に進みますことお祈りしています。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

雇用・労働 についての関連する質問