ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1851
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

個人事業主です。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

質問者の質問

個人事業主です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 個人事業主です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 個人事業主です。A販売元→B工事請負業者→C私という流れでB社と業務委託委託契約を結んでおります。この度B社から依頼のお仕事にて訪問したお客様と直接契約、金銭やり取りを行なっていることがA社に発覚し、B社から契約違反行為ということで違約金30万円の請求、AB間の話の流れ次第では機会損失による損害賠償請求を通告されました。契約書には違約金30万の明記はされています。損害賠償の上限額については取り決めがありません。来月支払われる予定の22万円は支払われないことと、契約時の保証金9万円は返却出来ない旨伝えられました。違約金、損害賠償の支払い義務、支払いをされないことについてこちらから請求が出来るのか相談したいです。大阪府です。
投稿: 7 日 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  JustAnswerサポートチーム 返答済み 6 日 前.
質問をご投稿いただき誠にありがとうございます。専門家のお手配が遅れていることをお詫びいたします。引き続き専門家の手配を行なっておりますが、質問の取り下げをご希望の方はカスタマーサポート(***@******.***) まで質問の受付番号を添えてお申し付けください。
** ご注意:こちら質問上にカスタマーサポートへのメッセージをご入力いただいても対応できません。
専門家:  machida 返答済み 6 日 前.
違約金が定められているということになるとその範囲で相殺することができるという契約条項があるはずです。
今回のケースですと、9万円と22万円ということなので31万円の支払いがないことになります。30万円については相殺されていますので、残り1万円の支払い請求をすることは考えられます。
まずは1万円を支払う旨請求するべきでしょう。ご参考になりましたら星の評価をしていただければ幸いです。

雇用・労働 についての関連する質問