ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7702
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

雇用契約書の書き方で悩んでいます アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

雇用契約書の書き方で悩んでいます
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 北海道です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にありません

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

雇用契約書の書き方のご質問ということですが、必ず入れた方がいい事項の相談ですとか、基本を作成してみたのでチェックをしてほしいですとか、今回のご相談内容はどのようなことでしょうか。こちらのご投稿欄に引き続きご相談内容をご入力くださればこちらから回答させていただきます、よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12371;れから個人事業主として開業を考えているものです。事業内容は集客に悩んでいるお店に所属インフルエンサーがお伺いして宣伝する事業です。飲食店から依頼があり次第インフルエンサーさんが行ける時間でお伺いするシステムになりますので雇用契約書の必須事項である始業、終業時間や休日、就業場所などの記入の仕方に悩んでいます。またこのような事業だとそもそも雇用契約書とは違った書式になるのでしょうか。教えて頂きたいです。

飲食店から依頼があり次第インフルエンサーさんが行ける時間でお伺いするシステムということになりますと、始業、終業時間や休日等の制限を設けることができず、業務委託契約という形で契約を結ぶのが適しているかと存じます。

質問者: 返答済み 4 日 前.
36820;信ありがとうございます。そうなりますと飲食店から依頼がある度に書いてもらうシステムという形という認識でよろしいでしょうか。

いいえ、初めに業務委託契約を結んでおいて依頼をしたたびに報酬として金銭の受け渡しを行うことになります。業務委託契約には、請負契約と委任(準委任)契約があり、請負契約とする場合、業務に対する成果物を完成させることで報酬を受けるということになりますので、依頼に沿って業務が完了したら報酬がいくらという形になり、委任(準委任)契約の場合、業務を行うことで報酬を受けることになり成果物を完成させる責任を負わないので、時間制で支払いをするような場合は、こちらの委任(準委任)契約を結んでおく方が適しているといえます。

質問者: 返答済み 4 日 前.
20102;解致しました!ありがとうございます!作成してみます。

こちらこそご利用ありがとうございました。また何かお困りごとがございましたら、お声かけくださいね。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
25991;章も丁寧で対応が素晴らしかったのでプレミアムサービスにさせて頂きました。宜しくお願い致します。
質問者: 返答済み 4 日 前.
26989;務委託は相手が一般の方でも可能なのでしょうか。それともフリーランスであったり個人事業主になってもらう必要があるのでしょうか。

延長のお申し込みありがとうございます。

はい、もちろん相手が個人の場合でも業務委託契約は可能です。アルバイトやパート(雇用契約)でも一定時間を超えると社会保険等の件を考えていかないとならなかったりじすが、業務委託であれば、従業員ではないため、社会保険など負担しなくて済みますし、必要なときだけ、業務をお願いすることができるため、経費を削減することが期待できます。業務委託先(お願いする個人の方等)にとっても、時間に拘束されず、一業務に対しての報酬制と言うように、やったらやっただけの報酬が受け取れたりするため、やりがいがあり、自由度が雇用契約時よりも多いため、お互いにメリットもあります。

質問者: 返答済み 3 日 前.
25104;程です。わかりやすくありがとうございます。副収入禁止されているインフルエンサーさんがいらっしゃるのですが、お互いが了承の上であればその方との委託契約は無報酬という形もできるのでしょうか。

相手が個人である場合は、以下の民法が適用されますので、無報酬での業務委託が可能です。↓

民法第六百四十八条  受任者は、特約がなければ、委任者に対して報酬を請求することができない。

ただ、相手が法人というように、商法が適用する場合は、税法上の問題もあり、無報酬でも業務委託は締結できません。↓

商法第五百十二条  商人がその営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求することができる。

※商法が適用する法人との業務委託契約で無報酬の契約を結んでしまうことが違法となるわけではなく、無報酬とした場合、契約が効力を持たず、寄付行為となるだけで違法性があるということではありません。

質問者: 返答済み 3 日 前.
25104;程です。
交通費だけお支払いしようと思うのですが交通費だけでも副収入となってしまいますよね。。

通勤手当、というような会社で通勤にかかる費用を手当として支給している場合には給与の一部になってしまうのですが、交通費として実際にかかった費用について、支払いをすることは給与の支給にはなりません。依頼している貴方側の経費として実費分を支払うことができます。

質問者: 返答済み 3 日 前.
20363;えばなのですが一件あたり1人1000円と決めてしまうと通勤手当になってしまうという認識で大丈夫でしょうか。交通費を経費として実費分払うとなると領収書が必要ですかね。。

1人1000円というより、実際にかかった交通費費の支払いの方がいいです。経費として支払う場合、できれば領収書が必要ですが、必ず必要ということではなく、切符のように領収書が残らないような場合は、都度記録を残して置けばいいです。

質問者: 返答済み 3 日 前.
21103;収入が大丈夫な方は一律でも可能でしょうか。それとも交通費の方が宜しいのでしょうか。また、個人の方に業務委託をする場合の源泉徴収等の税に関する部分は個人で行うものなのでしょうか。それとも当事業で行う形なのでしょうか。

副収入が大丈夫な方は一律でも大丈夫です。
個人の方に業務委託をする場合は、その方が個人事業として業務を受けているのと同様になりますので、貴方側が源泉徴収等に関与することはありません。個人で行ってもらうことになります。

尚、当サイトは『一問一答式の質問サイト』となっております。延長についての対応を以上とさせていただきます。

さらなるご質問がある場合は、新たに質問を新規投稿頂きますようお願い申し上げます。尚、ご指名を頂ければ引き続き私がご対応させて頂くことができます。指名方法が分からない場合は、文頭に「Lowe指名」とご入力くだされば引き続き私が対応いたします。(新規投稿、指名は追加料金はかかりません。)

ご利用いただきありがとうございました。

質問者: 返答済み 3 日 前.
12381;うだったのですね!それはすみませんでした。。プレミアムサービスが指名みたいなものと勘違いしておりました。ジャストアンサーさんのプレミアムサービスとは何がメリットなのでしょうか。

こちらは法律の専門家につながっております。システム上のメリット等については、こちらでわかりかねます。

雇用・労働 についての関連する質問