ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3641
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

こんにちは、バイトの有給についての質問です アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

こんにちは、バイトの有給についての質問です
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 北海道札幌市東区です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: バイト先で2020\12\28に入社して2022\6\20で辞めました 1回も有給を使ったことがなく辞めるので有給をくださいと言ったところ3日しかないと言われました
質問者: 返答済み 4 日 前.
20250;社からこのような資料が届きました

有給の計算の方法は会社が送ってきた資料の通りです。

入社から半年後に最初の有給が付与されます。年間の勤務数に応じて有給が付与されます。年間の想定勤務日数が106日の場合、3日の有休となります。それが2021年6月28日に付与されます。そして、次の有休が付与される日が2022年6月28日となります。しかし、貴方が2022年6月20日で辞めているので、有給が付与される前に辞めてしまったことになります。

したがって、貴方が主張できる有給日数は3日となり、会社が主張している日数は労働基準法に基づいている正式な有給日数ということになります。

質問者: 返答済み 4 日 前.
12354;りがとうございます
こちらこそ、ありがとうございました。回答が参考になりましたら評価ボタン(星マーク)のクリックをしていただけると助かります。よろしくお願いします。
shihoushoshikunをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問