ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7737
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

Loweさんにおねがいします。 引き続きですが 文書の作成をお願いすることはできますか? その場合の料金など?

ユーザー評価:

Loweさんにおねがいします。
引き続きですが
文書の作成をお願いすることはできますか?
その場合の料金など?
相手が合意しないときは?宜しくお願い致します

Loweです、お世話になっております。まず、申し訳ありませんが、こちらのサイトは直接のご依頼、ご紹介を行なっておりませんので、文書作成をお受けすることはできませんが、お客様が作成した文書のチェックを行うことはできます。

合意しない場合について次の回答で投稿しますね。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
26377;り難うございます。
宜しくお願いいたします。

書面で損害賠償請求を通知しても相手が応じなかった場合は、民事調停の申し立てをしていくのが最善です。調停とは、裁判所において、調停委員会が紛争の当事者を仲介し、紛争当事者間の話合いにより紛争を解決しようとする紛争解決制度です。当事者双方の話し合いによる合意に基づいて紛争の解決を図る手続であり、調停委員会が第三者として当事者双方の言い分を聞いて、調停案を提案してくれます。調停の特徴は利用する際の費用が低廉であること、裁判のように弁護士を入れなくても利用することです。家庭裁判所の離婚調停を利用したいときは、相手の住所地にある簡易裁判所に対して調停の申し立てをします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
12372;丁寧に有り難うございます。
ダメ元で提出してみるのも1つの選択ですね

こちらこそ再度のご利用ありがとうございます。

受けとった側は、もし調停や訴訟に発展したら自分にとって有利か不利かを考え今のうちに済ましておくのが得策か否かを考えると思いますので、初めは自分で書面での損害賠償の通知でもいいかと思いますよ。それで応じなかったら法的措置(調停)に進めるという流れでいいかと思います。

質問者: 返答済み 7 日 前.
20808;生有り難うございます。
しかも早朝からご対応にお礼申し上げます。書類を作成してみますので目を通して頂く事はできますでしょうか?後日になってしまうと思いますが。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

はい、チェックをさせていただくことはできますので、その際は、お手数ですが、また、ご指名ください。

雇用・労働 についての関連する質問