ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7695
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

今勤めてる会社から転職を考えてるのですが、労働契約書に雇用契約を結んだ日より1年以内にいかなる理由でも辞職及び解雇になっ

ユーザー評価:

今勤めてる会社から転職を考えてるのですが、労働契約書に雇用契約を結んだ日より1年以内にいかなる理由でも辞職及び解雇になった場合、営業損失及びそれに伴う費用に係った費用の前はまたは一部を賠償することを、乙は了承した。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: すみません。途中で送ってしまいました。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: そう書かれていて、自分もよく読まずサインしてしまったことに後悔しているのですが、やはり払わないといけないかお聞きしたいです。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

尚、回答については順に対応していますので、少々お時間がかかることがありますが、ご了承ください。

回答まで少々お待ちください。

回答が遅くなり申し訳ございません。

労働基準法第16条では、使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。退職したときに違約金を支払わせたり、会社に損害を与えたときに罰金を支払わせたりしてはいけないことが明記されています。ですから、例え、入社時の労働契約書に「雇用契約を結んだ日より1年以内にいかなる理由でも辞職及び解雇になった場合、営業損失及びそれに伴う費用に係った費用の前はまたは一部を賠償すること」が記載されていて、貴方がそれにサインをしてあったとしても、それは労働基準法違反の内容ですから、違法性があるということになり、貴方は正当な権利で拒否をすることができるのです。つまり、会社は、労働者が退職したときに違約金を支払わせたり、会社に損害を与えたときに罰金を支払わせたりすることはできないのです。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

ご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

雇用・労働 についての関連する質問