ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 3175
経験:  所長
64397026
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

賞与の社会保険・源泉所得税の計算に関する質問です。

ユーザー評価:

賞与の社会保険・源泉所得税の計算に関する質問です。『前月』の給与支払いは無いが、『当月』に初の給与支給があり、かつその給与支給日以降に賞与支給する場合の計算式をご教授願います。例:6/1入社:初回給与6/15、初回賞与6/30

ご質問いただき、ありがとうございます。

給与から源泉徴収を行う場合には、毎年公表される「給与所得の源泉徴収税額表」を用います。

給与所得の源泉徴収税額表⇊

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2019/data/01-07.pdf

賞与の源泉所得税の計算には、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を用います。表に記載されている金額及び税率の区分は通常の場合は以下の流れで判定します。

1.前月の給与から社会保険料を差し引きます。

2.上記の金額と扶養親族等の数を「賞与に対する源泉徴収額の算定率の表」に当てはめて賞与の金額に乗ずべき金額を求めます。

3.(賞与から社会保険等を差し引いた金額)× 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」

この金額が、賞与から源泉徴収する税額となります。

賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表⇊

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2019/data/15-16.pdf

質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;回答ありがとうございます。今回質問しましたケースは、前月の給与が無い場合です。
(前月に支給があれば、回答いただいた1~3の手順になると理解しております)前月の給与が無い場合、所定の計算式(課税対象額÷6×月額表の税率)を用いるとの認識ですが、
今回は、前月では無いものの、賞与の前に給与を支給しています。例示の通り、6/1に入社し、6/15に初任給、6/30に賞与を支払う場合、その初任給=前月給与と
みなされるかどうかを教えていただきたいです。もし、前月給与はあくまでも前月に支払ったものを指すのであり、当月支給分は考慮しなくて良いということであれば
「前月に支給の無い者」として取り扱う予定です。

ご返信いただき、ありがとうございます。

賞与と給与は別に計算します。ですから前月給与とはなりません。

dai60962000をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 日 前.
12372;教授いただきありがとうございます。助かりました。
また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

雇用・労働 についての関連する質問