ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7111
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

労働裁判は、申立人と相手方が双方にいい分主張すると存じますが、一方の主張を他方が否定・否認して主張するのを何度も何度も繰

質問者の質問

労働裁判は、申立人と相手方が双方にいい分主張すると存じますが、一方の主張を他方が否定・否認して主張するのを何度も何度も繰り返すのが一般的なのでしょうか。
投稿: 12 日 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Lowe 返答済み 12 日 前.

労働裁判について、被告と原告がそれぞれに自分の主張をしていく形になりますが、一定程度は、一方の主張を他方が否定・否認して主張することになりますが、延々とお互いに意見を主張していくのではなく、ある程度のところで、裁判官が判断をして判決を下します。お互いの意見が平行線のままであるため、和解にもっていくため、延々と繰り返されていくのは調停の方が近いでしょう。

専門家:  Lowe 返答済み 11 日 前.

回答に対して、ご理解いただけましたでしょうか。もし、私の返信内容が似まだ疑問点がございましたら、返信機能を利用してお知らせください。引き続き対応をさせていただきます。

また、こちらのサイトは一問一答制になっておりますので、今回のご質問が一旦完了であれば、お客様の方でも完了させるため、最後に星マークにて完了評価をお願いします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
21172;働審判での和解や審判の内容・判断も、訴訟で和解や判決の内容・判断も、双方並行線を辿って結局裁判官次第でしょうか?
専門家:  Lowe 返答済み 11 日 前.

労働審判での和解については、双方が歩み寄る形によっての和解結果で集結しますが、双方意見が並行線な場合は、双方の証拠を元に、裁判官が判断することになります。

雇用・労働 についての関連する質問