ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 7191
経験:  行政書士事務所代表。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。近年、個人情報に関する執筆を他士業と共同で手掛ける。幅広い分野での研修や勉強会の講師としても活躍。日々情報に耳を傾け知識を増やしながら、日頃の業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

実務的に、解雇をほのめかし、退職を強要することは、労働審判や訴訟で、違法・無効になりますでしょうか。

ユーザー評価:

実務的に、解雇をほのめかし、退職を強要することは、労働審判や訴訟で、違法・無効になりますでしょうか。

初めまして、対応させていただきます。ジャストアンサー法律専門のLoweと申します。尚、こちらのサイトは一問一答制になっております。(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

退職強要は違法です。パワハラや強要罪に該当する場合もありますし、慰謝料の対象となることもあります。ですから、労働審判や訴訟になった際には、違法は認められ、無効になる可能性が高いと言えます。

質問者: 返答済み 18 日 前.
36864;職強要は具体的にはどの程度・内容なら違法は認められますでしょうか。

退職勧奨自体は違法ではないので、退職勧奨をされたことで、本人が退職をする意思がないということを伝えているのにもかかわらず、執拗に退職勧奨をすることも退職強要に当たりますし、退職をしない・拒否したことで、異動をさせられたり、明らかなパワハラも退職勧奨に含まれますが、仕事を与えないという過小評価のパワハラを行うことも退職強要に当たります。

質問者: 返答済み 18 日 前.
26368;終的に退職拒否するような行動行為をすれば退職を拒否したことになりますでしょうか。

しっかりと書面で伝えなければいけないというような決まりはありませんから、退職をしないという意志が労働者側から明白であれば、退職勧奨に応じないという意志表示があったといえます。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問