ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
machidaに今すぐ質問する
machida
machida, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1417
経験:  家電量販店や不動産販売仲介業者での勤務を経て、平成27年に司法試験合格。令和元年に個人事務所を開設。債権回収事件や不動産事件、男女間トラブルなど、幅広い分野での担当経験あり。
113504086
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
machidaがオンラインで質問受付中

解雇或いは退職強要での地位確認は認められない傾向が強い申し立て内容なのでしょうか。

ユーザー評価:

解雇或いは退職強要での地位確認は認められない傾向が強い申し立て内容なのでしょうか。
そんなことはありません。
解雇や退職強要については労働者側に有利な結論となることが多いように感じます。
質問者: 返答済み 8 日 前.
35299;雇は比較的無効が認められやすいと聞きますが、退職強要はいかがでしょうか。解雇とは異なり、相手が退職勧奨だと主張してくれば、認定されにくい傾向がありますでしょうか。
認定されるかどうかは強要された状況が立証できるかどうかがポイントになります。
認定されにくいとは思いません。
勧奨行為の期間、内容、によっては強要と認められるようなケースもあります。
machidaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問