ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 5178
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

①退職強要時に色々言われ、クビだと思い退職することは錯誤になりますか?違法でしょうか

ユーザー評価:

①退職強要時に色々言われ、クビだと思い退職することは錯誤になりますか?違法でしょうか②退職以外選択肢ないと思われる通告は解雇に該当しますか?違法でしょうか③退職条件の話を聞いた時点で、退職の意思があると見なされますか?どの時点で退職合意となるのでしょうか

お答えします。

①は、錯誤になり取り消しが可能な場合があります。

強要時に色々言われた、内容や状況によっては違法となります。

②は、解雇に該当する場合もあるでしょう。

通告は違法には当たらないでしょう。

③は、退職条件の話を聞いた時点では、退職の意思があると見なされません。

退職合意となるのは、退職の意思を明確にした場合です。

質問者: 返答済み 20 日 前.
36864;職の意思はどの時点で成立するのでしょうか。
例えば、未完成の退職願いは退職意思には該当しないですよね?
或いは記載しても最終的に拒否をすれば、意思表示にはならないでしょうか。
労働者側から正式に退職意思をもって提出した場合のみになりますでしょうか。

お答えします。

形式的には、未完成の退職願いであっても、あなたが署名したものであれば退職の意思を表したものとなります。

ただし、退職の意思が無いにもかかわらず、強迫や錯誤で署名した場合は取消は可能でしょう。

専門家287tzx75をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問