ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, 2級FP技能士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1810
経験:  知的財産修士(専門職)、H14年度行政書士試験合格、H29年度社会保険労務士試験合格、H31年度宅地建物取引士試験合格
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

現在2021年の12月27日から2022年の2月末まで病身欠勤の予定です。この期間を利用して転職活動をしようと考えていま

ユーザー評価:

現在2021年の12月27日から2022年の2月末まで病身欠勤の予定です。この期間を利用して転職活動をしようと考えています。
※不眠症状のため診断書を貰っている。2月にかかりつけの病院にて復職可否を判断してもらう予定。
正確に言うと11月末から12月27日まで有給を消化し、12月27日から3月27日までは病身欠勤扱いになります。
3月から復職した場合、2ヶ月間のリワークプログラムを受けるため3月27日以降は休職扱いになるそうです。
※リワークプログラム中は就労扱いでない。
上記の状況から1,2月分の給与は発生しないため、保険料を後から納めるために後から会社から請求が来るそうです。
また、給付金申請をすると会社の健康保険組合から給与の8割の金額が振り込まれるそうです。上記を踏まえて1点質問です。
2022年度の1月2月に会社の健康保険組合から給料の8割を補填してもらった場合、源泉徴収上にはどのように表記されますでしょうか。

ご質問ありがとうございます。

源泉徴収票に記載されるのは会社から支給された給与のみです。

傷病手当金は記載されません。

12月勤務の給与が1月に支給される場合にはこれが記載されますが、1月2月の欠勤期間分については給与は0円、社会保険料のみ記載されることになります。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答頂き有難う御座います。会社の健康労働組合から支給されるお金も傷病手当金と同じ扱いなのですね

健康保険組合は、通常の健康保険が行う法定給付の他、法律で定められていない追加の上乗せ給付を行うことができ、健康保険組合によっては独自の上乗せが行われている場合があります。

このような法定外の上乗せ給付については、あくまでも健康保険組合から受け取るものであって、会社から支給されるものではありませんので、源泉徴収票には記載されません。

followをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
19978;記丁寧なご説明有難う御座います。
参考にさせて頂きます。

雇用・労働 についての関連する質問