ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, 2級FP技能士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1760
経験:  知的財産修士(専門職)、H14年度行政書士試験合格、H29年度社会保険労務士試験合格、H31年度宅地建物取引士試験合格
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

時間外労働は1日8時間以上、週40時間以上で1時間の25%を余計に払えばいいのですか アシスタント:

ユーザー評価:

時間外労働は1日8時間以上、週40時間以上で1時間の25%を余計に払えばいいのですか
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 奈良県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: パートで5人いるのですが、土曜日の4時間以上の労働を法内時間外労働として1時間の給料の1000円の25%250円を要求します。断れますか

ご質問ありがとうございます。

お見込みの通り、法律上の時間外割増賃金(25%)の支払い義務が発生するのは、36協定に基づき法定労働時間を超過して働らいてもらう場合です。

法定内の時間外労働については、(契約書や就業規則等で支払うと定めていない限り)割増賃金の支払い義務はありません。

なお、1週1休、または4週4休が確保できていない場合には、休日労働として35%の割増賃金が発生しますのでご注意ください。

followをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問