ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 5460
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

65歳以降も国民年金に加入するのでしょうか?

ユーザー評価:

65歳以降も国民年金に加入するのでしょうか?
給与額がどのくらいある場合は、誕生日前の64歳11か月で退職し、基本手当(150日)を受けて求職活動をしたほうが良いのでしょうか。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

65歳から70歳まで加入できる国民年金の特例任意加入といいます。老齢年金をもらうには、最低10年の年金期間が必要ですが、65歳になっても年金期間が満たない人は70歳まで国民年金に特例任意加入し、国民年金保険料を支払うことができるということです。

また、年金額等は人によって異なるため、給与額がいくら以上の場合は失業保険受給をした方がいいかというのは一概にわかりません。ですから、貴方の年金手帳を持参し、一度お住まいの地域の年金事務所に相談をするといいかと存じます。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
24180;金事務所に相談と言われますが、年金事務所ではハロ-ワ-クに確認と言われました。的確な回答が得られないので御社に質問しています。

まずは、年金額の確認をするのがいいかと存じますので、年金時事務所に予約をしたうえでご自身の年金額の確認をするという方法でいいかと存じますよ。

雇用・労働 についての関連する質問