ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, 2級FP技能士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1760
経験:  知的財産修士(専門職)、H14年度行政書士試験合格、H29年度社会保険労務士試験合格、H31年度宅地建物取引士試験合格
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

コロナ禍により、雇用調整補助金を受けています。 東京では最低賃金が値上げされましたが、私のお給料は変わっていません。

ユーザー評価:

コロナ禍により、雇用調整補助金を受けています。
東京では最低賃金が値上げされましたが、私のお給料は変わっていません。
以前、最低賃金が下回っていたため、追加支給されたことがあります。
そのあと計算した際に、下限ギリギリだったように感じます。
現在は確かに月の何日か休業していますが、お給料も1割から2割減給されています。月によって給料も違います
その場合、どのように計算したらよろしいのでしょうか。また、雇用調整補助金を受給していても、
下限を下回ってはいけませんよね?特例でもあるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。

最低賃金を満たしているかどうかについては、休業や雇用調整補助金は関係ありません。次の条件を満たしているかどうかでご確認下さい。

時間給制の場合
時間給

日給制の場合
日給÷1日の所定労働時間

月給制の場合

月給÷1箇月平均所定労働時間

上記の日給や月給については、休業による減額がない場合の金額で計算し、東京都の最低賃金1041円(R3/10/1以降)を上回っていれば適法ということになります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。月給制で休業手当があるので、毎月金額が違います。年単位ではなく、月毎に計算するのでしょうか?
その月の休業手当(
雇用調整整助成金)をもらいつつ、1割カットされています。その場合の計算方法を教えてください。

最低賃金を満たしているかどうかは、休業手当は考慮せず、休業がない場合に本来支給される金額で計算をします。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20309;度も申し訳ございません。それでは本来の金額と本来の日数(平日週5日8時間)で計算すれば良いのですね。休業手当や休業日は気にせず計算してみます。

その通りです。

月々の勤務日数は暦により変動がありますから、1年間の通常の勤務日数を12で割った日数を月の勤務日数として、計算されるとよいでしょう。

参考までに、今年の4/1~来年3/31までで計算した場合の年間勤務日数は、勤務先の休日によって下記の通りになります。

・土日のみ 260日(月21.6日)

・土日祝 245日(月20.4日)

・土日祝+(12/29-1/3) 241日(月20日)

質問者: 返答済み 11 日 前.
36820;信遅くなり申し訳ありません。計算したところ、最低賃金は大丈夫そうでした。しかし、本日給料明細を拝見したところ気になることがありました。通常は平日週5日勤務と土曜日は隔週で9:00-12:00勤務です。私の場合、10月は平日週5日フルで出勤し、土曜日は3日間×3時間は休業という扱いになりました。満額給料支給と聞いていたのですが、約31.000円の休業控除と22.000円の休業手当が支給されました。それはどういう事なのでしょうか。弊社はすでに不正受給の疑いがある為、総務に気軽に聞くことが出来ません。わかる範囲で教えて頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

申し訳ありませんが、情報が断片的であり、どのような計算でそのような対応になったのか判断できません。

followをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問