ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
行政書士Mに今すぐ質問する
行政書士M
行政書士M, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 255
経験:  Expert
113803217
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
行政書士Mがオンラインで質問受付中

競業避止の誓約書は入社時と退職時に行い、退職時の内容は「貴社からの書面による許諾がない限り、退職日から最低一年間は貴社〇

ユーザー評価:

競業避止の誓約書は入社時と退職時に行い、退職時の内容は「貴社からの書面による許諾がない限り、退職日から最低一年間は貴社〇〇店(住所)から電車・自動車20分圏内エリア(〇〇駅・〇〇駅間、〇〇駅・〇〇駅間を結んだエリア)にて貴社〇〇店と同様の業種及び同業務内容にて就業を行うことを致しません。もし上記を遵守しない場合は、損害賠償請求を含むいかなる処置を受けても異議はございません。」としております。退職面談の際に現在転職をしていると思われるところへの転職意向を示していたが、誓約書に記載の通りやめてほしい旨を伝え、承諾をもらっています。
また転職先を探すまでの期間として数日分の給与を別途支払っています。
質問者: 返答済み 9 日 前.
25613;害としては、競業避止に関してではありませんが、そのものが入社した際の採用費用(110,000円)、研修費用(未経験で研修期間5ヶ月ほどで退職、約200,000円)・人件費(約970,000円)、上記数日分の給与相当(人件費に含む)を請求したいと考えています。転職者本人ではなく、上記の損害賠償を転職先にも請求することは可能でしょうか?

はじめまして。

行政書士Mです。

退職時の誓約書の効力は、貴社と退職者との取り決めであり、それが法律に違反しない限り、誓約内容を破った退職者(転職者)を拘束します。

しかし、転職先企業には何ら及ぶものではありません。従って、損害賠償請求をかかる転職先企業には請求できないと考えます。

如何でしょう?

行政書士Mをはじめその他2 名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
26377;り難うございます。

雇用・労働 についての関連する質問