ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 9066
経験:  10年以上に渡り大手損保より依頼を受け各種保険事故の事実認定・損害額算定・原因調査や訴訟事案の資料作成業務に従事。現在も民事案件を中心に活動中。
107754082
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

競業避止の誓約書の内容を反故して転職をした者がいますが、その場合損害賠償等の請求を行うことは可能でしょうか?

ユーザー評価:

競業避止の誓約書の内容を反故して転職をした者がいますが、その場合損害賠償等の請求を行うことは可能でしょうか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 競業避止の誓約書は入社時と退職時に行い、退職時の内容は「貴社からの書面による許諾がない限り、退職日から最低一年間は貴社〇〇店(住所)から電車・自動車20分圏内エリア(〇〇駅・〇〇駅間、〇〇駅・〇〇駅間を結んだエリア)にて貴社〇〇店と同様の業種及び同業務内容にて就業を行うことを致しません。もし上記を遵守しない場合は、損害賠償請求を含むいかなる処置を受けても異議はございません。」としております。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
こちらは『一問一答式の質問サイト』となっております。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

期間も1年間と決して長くなく、また、距離制限も明記され、社会通念上異常に広い範囲とは認められません。

あとは損害額の立証が出来れば、損害賠償請求は可能であると思量します。

宜しければ下記URLもご参照ください。

退職者が競業避止義務に違反している場合の解決法 完全ガイド (houmu-bu.com)

ito-gyoseiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
36864;職面談の際に現在転職をしていると思われるところへの転職意向を示していたが、誓約書に記載の通りやめてほしい旨を伝え、承諾をもらっています。
また転職先を探すまでの期間として数日分の給与を別途支払っています。損害としては、競業避止に関してではありませんが、そのものが入社した際の採用費用(110,000円)、研修費用(未経験で研修期間5ヶ月ほどで退職、約200,000円)・人件費(約970,000円)、上記数日分の給与相当(人件費に含む)を請求したいと考えています。
質問者: 返答済み 10 日 前.
36578;職者本人ではなく、上記の損害賠償を転職先にも請求することは可能でしょうか?
質問者: 返答済み 10 日 前.
31478;業避止の誓約書の内容を反故して転職をした者がいますが、その場合損害賠償等の請求を行うことは可能でしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

競業避止義務違反ではなく、貴社に対する違背行為としての損害賠償請求となされば宜しいかと存じます。

ただ、転職先企業に対しての請求は、諸々の事情を知っての引き抜き行為の根拠を提示できない限り難しいかと存じます。

対応策として、内容証明郵便にて当該従業員に対して損害賠償を請求なさってはいかがでしょうか。
内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると3~5万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも3万円程度掛かります)
証拠能力のある、きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。
下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

メールでも可能です。
e内容証明(電子内容証明)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

「内容証明郵便・文例」でネット検索すればたくさん掲載されていますので、それを参考にすればご自分でも充分、作成可能かと思いますし、パソコンやプリンターが無ければ、大きな文房具屋へ行けば内容証明郵便専用の3枚複写の原稿用紙が売っています。
(これを専門家へ依頼しお金を使うのは、正直もったいないです)
まずはご自身で作成なさることをお勧めします。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26377;り難うございます。
違背行為に関しての内容証明の事例などがありましたらご教示いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

申し訳ありません、それを考案し作成、料金を得ることで私共は業務を継続しております(寿司屋が寿司を握るのと同じです)。

こちらのサイトは質問サイトであり、直接の案件受任及び専門家の紹介を行っておりません。悪しからずご了承ください。

ただ、内容証明郵便には「これを書いてはいけない」という決まりはありません。

貴社の主張をそのままご記載頂ければ宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26377;り難うございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
問題の早期解決、心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26377;り難うございます

雇用・労働 についての関連する質問