ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 5124
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

質問です。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様: 広島県です

ユーザー評価:

質問です。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 広島県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 今月が試用期間の終了の月となっています。今月になって会社から有期雇用契約の更新の対応をとるようにと指示がありました。試用期間を有期雇用として3ヶ月が過ぎれば正社員として雇用すると内定時のメールには記載してありました。試用期間の延長に対する説明も有期雇用についての説明もありません。入社時に延長することに対しての説明もありません。予定通り正社員として雇用するよう要求することは可能でしょうか。また話し合いの場をもつ予定ですが、会社からの説明に納得できない場合、更新をしない考えです。会社都合の退職として対応することを求めることは可能でしょうか。

初めまして、ジャストアンサーの法律専門家Loweです。こちらのサイトは一問一答制になっておりまして、今回のご質問の担当をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

(電話対応表示は自動的に出てきますが、不要でしたら無視していただいて結構です。)

内定時、試用期間を有期雇用として3ヶ月が過ぎれば正社員として雇用するとあってのであれば、それを条件として入社をしていることになりますし、書面で交付されていなくても、双方の同意があるとみられる場合は、契約が成立しているとされますので、それを理由に、会社に対して、当初の予定通りすでに正社員として雇用されているはずではないのか、もし、違うのであれば、正社員に変更してもらうよう要してみるのはもちろん貴方の権利ですので、会社に掛け合ってみてください

会社からの説明に納得できない場合、更新をしない選択をするとのことで、その場合、会社都合の退職として対応することを求めることが可能かどうかについてですが、会社が当初の契約(試用期間を有期雇用として3ヶ月が過ぎれば正社員として雇用する)と異なる条件を後々提示し、貴方がそれに対して同意ができなかったため、更新をしないということになったのであれば、会社側が当初の契約に反していたことによって貴方が続職することができなかったとして、会社都合退職としてほしいと会社に交渉してみるといいかと存じます。どのような場合は会社都合退職とするということが決められているわけではなく、会社退職となるには会社の裁量もありますので、会社に対してその旨交渉していくのがまずは大事です。

質問者: 返答済み 12 日 前.
22793;更するよう掛け合う権利があるというだけで、会社側が変更する義務はないという認識でよろしいでしょうか。

内定のメール後、雇用契約書等が交付されていなければ、その内定時のメールが最終契約であると主張し、変更を請求する権利があり、会社側は、変更をする義務があるといえます。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。明日会社の担当者との話し合いの場があるので、交渉してみます。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12383;びたびの質問で恐縮ですが、内定メール後に雇用契約書に試用期間の延長の可能性の記載がありました。しかし、事前通知と明確な理由の説明もなく一方的に有期雇用の延長を告げられています。
この場合、やはり雇用契約書に記載があるため、内定時の条件を理由として正社員への切り替えを要求することは難しいでしょうか。

試用期間の延長の可能性の記載があったとしても、もし延長とするのであれば事前に書面で通知する必要がありますが、そのような措置がなかったのであれば、試用期間が延長されていないと解釈することができますので、その試用期間の延長には当てはまっていないと主張することができ、内定通知の通り、正社員の切り替えを主張していいでしょう。

質問者: 返答済み 11 日 前.
35443;しいご回答ありがとうございます。今後、話し合いで双方譲らない状況になった場合は追加でお願いしたいと思います。ご丁寧な対応ありがとうございます。大変助かりました。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。また何かお困り事がございましたらお声かけくださいね。

こちらのサイトは一問一答制になっていますので、今回のご質問が一旦完了であれば、お客様の方でも完了させるため、最後に星マークにて完了評価をお願いします。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問