ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 4909
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

退職勧奨され退職届を提出しました。 アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

退職勧奨され退職届を提出しました。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 秋田県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: すでに退職届を出しており、会社に戻る気もありません。しかし注意喚起などなく退職勧奨された事に納得できない気持ちが出てきました。何か出来ることはないでしょうか。

退職勧奨とは、辞めてほしいという会社側の要望が前提にあって、それに応じる形なので会社都合退職の扱いになります。なので、雇用保険の取扱上、自己都合退職のように失業手当が大きく不利になるようなことはありません。解雇された場合と同様に会社都合退職のときの特定受給資格者に該当するので、待機期間を経ずに失業保険の支給が開始されるほか、支給期間も長めになります。退職届を提出してしまった後であっても、会社に対して退職の理由は会社都合としてもらうように請求することはできますので、退職理由の確認をし、会社都合での退職と現時点でしてもらえていなかったら、会社都合退職都することの請求をすることがいいでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;連絡ありがとうございます。離職票が発行される前に会社都合退職として離職票を発行するように依頼するという事でしょうか。

はい、おっしゃる通りです。離職票が発行された後でも変更が不可能というわけではないのですが、変更に手間がかかりますので、できれば、発効前の方がいいです。

Loweをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました

雇用・労働 についての関連する質問