ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, 2級FP技能士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1679
経験:  知的財産修士(専門職) ビジネス法務エキスパート
62663831
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

2020年11月度に正社員として入社し、現在も正社員と言う区分らしいですが、1ヶ月ごとにに契約更新の紙を記入させられます

ユーザー評価:

2020年11月度に正社員として入社し、現在も正社員と言う区分らしいですが、1ヶ月ごとにに契約更新の紙を記入させられます。正社員だが有期雇用
という扱いのようなのですが、この場合うつ病などで傷病手当を発行する際に契約を更新しないなどの手続きを踏まれる場合があるのでしょうか

ご質問ありがとうございます。

雇用契約期間が1か月ごとということであれば、病気に限らず会社の都合などにより、契約更新を拒否される可能性はありますね。

これを『雇止め』といいます。

無期雇用であっても、病気や会社都合などにより解雇されるケースはありますが、1か月ごとに更新というスタイルをとっていることは、必要に応じて人員調整をしたいとう考えが、会社にあると考えられますね。

雇止めは、解雇ではありませんので、解雇予告が不要なため、更新しないから今日までね、お疲れさまでした、と突然告げられるようなことがありました。

現在は、更新を繰り返して長期間雇用されている方については配慮が必要ということで、3回以上更新している場合等一定の条件を満たしている場合には、解雇の場合と同様に、30日前までに雇止めの予告をしなければならないとされていますのでご質問者様の場合そのようなことはないでしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
27491;社員で有期雇用、1ヶ月更新というのはよくある話なのでしょうか?また、会社が傷病手当の手続きをとっても、更新の場合は契約書類を更新していかないと行けないことになるのでしょうか。
現在会社が傷病手当に関する連絡を全てスルーされている形になっているのと、
契約の更新が終わってしまうと社会保険加入歴が1年未満のため退職しても傷病手当を引き続きもらうことはできないかと思うのですが、これは正しい知識でしょうか

> 正社員で有期雇用、1ヶ月更新というのはよくある話なのでしょうか?

聞いたことありませんね。このようなやり方は、今回初めてききました。

>会社が傷病手当の手続きをとっても、更新の場合は契約書類を更新していかないと行けないことになるのでしょうか。

御社のルールとしてそのように定めているのであれば、都度更新することになりますね。

>契約の更新が終わってしまうと社会保険加入歴が1年未満のため退職しても傷病手当を引き続きもらうことはできないかと思うのですが、これは正しい知識でしょうか

その通りです。

なお、前職でも社会保険に加入していて、退職後一日も開けずに再就職し社会保険に加入した場合ですと、前職の加入期間を通算することが可能です。(3月31日退職。4月1日再就職、等の場合です。)

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。
ただ、正社員であっても有期雇用であることは違法ではない。
書類が問題ないものであれば正当であるということですね?前職からは期間が空いてしまっているため、現職が雇用止めとなり無職となった場合
働けなくても受給できる制度が無くなるということですね。
質問者: 返答済み 1 月 前.
20663;病手当は社会保険を任意継続していても受給中することは出来ないのでしょうか?

>正社員であっても有期雇用であることは違法ではない。

何を正社員と定義づけるかは、会社次第です。

>前職からは期間が空いてしまっているため、現職が雇用止めとなり無職となった場合
働けなくても受給できる制度が無くなるということですね。

そうですね。ご病気が仕事に起因するものであれば労災保険から給付を受けることができますが、在職中の私傷病ですと対応できるものはありません。

>傷病手当は社会保険を任意継続していても受給中することは出来ないのでしょうか?

昔は受給可能な時代もあったのですが、10年ほど前に廃止されてしまいました。

followをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問