ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 559
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

タイムカード上は労働規定ない何ですけど、休みの日も仕事してます。残業代と慰謝料取れますか? アシスタント:

質問者の質問

タイムカード上は労働規定ない何ですけど、休みの日も仕事してます。残業代と慰謝料取れますか?
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 千葉県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: パワハラ的な事も言われかなり精神的に来てます。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 月 前.

この度は大変な状況の中ご相談下さいまして誠に感謝しております。
只今ご文面内容を拝見させて頂きました。
当方、人事労務の専門家になります。

タイムカードの記録がなくても、貴方が実際に勤務されていた時間につきましては賃金を請求する事が可能です。そして、通常1日8時間または週40時間を超える労働時間については、時間外割増賃金(25%割増)の請求が可能になります。また、週1回の休日(通常は日曜の場合が多いです)に勤務されますと、休日労働割増(35%割増)の請求が可能になります。

そして、会社には労働時間を管理する義務がございますので、時間の記録がきちんとされておらずサービス残業をさせているのは明らかな違法行為であり大変責任が重いものといえます。

対応としましては、お近くの労働基準監督署へ貴方の会社のずさんな労働時間管理及びサービス残業について申告され、是正勧告をされるよう依頼する事をお勧めいたします。そうすれば、通常の場合会社に抜き打ちで調査が入り、未払い賃金の支払いを命じることになるものといえます。

そして、慰謝料についてはパワハラについて行われるものになりますが、こちらは監督署の調査ではすぐ分からない場合もございます。結構請求は難しくなりますし、仮に請求出来たとしましても微少な額に留まるケースも少なくありません。

従いまして、まずは残業代請求を中心に進めていかれる方がよいかもしれません。どうしても慰謝料請求をされたいという事でしたら、法テラス等の無料相談を利用され、貴方が希望する慰謝料の額を請求出来る案件であるかを確認された上で可能性が高いと思われるようでしたら、労務問題に精通した弁護士にご相談されるとよいでしょう。

専門家:  jinjiconsul 返答済み 1 月 前.

先日回答させて頂きましたが、何かご不明な点や追加の質問等はございませんでしょうか。

ございましたら、遠慮なくご返信下さいませ。

特に無いようでしたら、最終的な処理のご対応を頂ければ幸いです。

雇用・労働 についての関連する質問